警察官の仕事(2)「地域部・地域課」(交番・パトカー等)

地域部・地域課

警察署の地域課の業務は主に4つ

交番・駐在所
パトカー
無線指令
庶務

交番は誰でも知っている通り、街中にある小さな警察官の拠点です。

〈交番と駐在所のちがい〉

駐在所は、機能的には交番とほぼ同じ

交番とのちがいは警察官の自宅が一緒になっていること。

交番があって、その後ろに住居が合体している。

そこに警察官とその家族が住んでいます。

駐在所は駅前や繁華街にあることはほとんどありません。

いわゆる田舎の方にあることが多いです。

〈交番・パトカーのもっとも重要な役割は何か〉

現場にいち早く駆け付けること

これがもっとも大切な役割になります。

110番通報などによって、警察にはいろんな事案が飛び込んできます。

交通事故、盗難、ケンカ・・・。

事案によって交通事案、刑事事案など、警察内部のどの部署が扱うかは異なります。

交番やパトカー勤務員はどんな内容の事案であっても、とにかくまずは現場に急行して、最初に必要な措置をとります。

現場によっては、放置していてはどんどん現場の状況が変化して、捜査に必要な証拠や目撃者が失われていきます。

1秒でも早く現場に警察官が到着し、必要な措置を優先的に講じていくことがとても重要です。

犯人の検挙にについても、現場付近で犯人を確保することがもっとも理想的です。

警察の仕事は発生から現場到着までのスピードがとても重要なのです。

これを担うのが交番やパトカーなどの地域警察官たちになります。

私も慣れるまではとても大変でした。

急ぐあまり大きなミスをしたこともあります。

最初の頃は現場に着いても、まず何をすればいいのかもわからない。

ただあたふたしていたものでした。

地域課警察官は基本的には制服勤務です。

制服警察官が行かない方がいい事案以外についてはすべて真っ先に向かいます。

交番やパトカーなどは、警察署の外で活動することがメインとなる地域課の仕事です

地域課の中にも警察署の中で活動する係があります
「無線指令係」「庶務係」です。

無線指令係とは何をするのか

どの事案にどの交番勤務員やパトカーを向かわせるかを指令するのが仕事です

警察署の中にある無線指令機器を使って、交番員やパトカー勤務員などに指令を出します。

そもそも110番通報を受けるのは各警察署ではありません。

各都道府県警察本部の地域部の通信指令課というところが110番通報を受けます。

ここには都道府県内の通報が全て入ってくる。

110番通報を受けた本部の通信指令課が、現場の場所を管轄するの警察署に通報内容を伝えます。

それを受理するのが警察署の無線指令係です。

110番通報を受理した無線指令係は、交番員やパトカーに指令します。

そのため、110番によってどこでどんな事案が発生したのかを警察署の中でもっとも早く知ることができるのが、地域課の無線指令係です。

110番の仕組みについてはまた別の記事で詳しく書こうと思っています

警察本部の地域部にある組織、
鉄道警察隊
航空隊(ヘリ)
水上警察(船)
自動車警ら隊(パトカーでパトロールして、職務質問や事件事故現場対応を行う)

一般市民のもっとも近くにいる存在。

それが地域課の警察官です。

コメントを残す