警察官の仕事(4)「刑事部・刑事課」

3 刑事部・刑事課の仕事

刑事の「刑」とは何か

刑事の「刑」というのは「刑法」のことを指してると考えてもらっていいと思います。

「刑事罰」といいう意味では、交通課も生活安全課も刑事罰を科す捜査は行います。

刑事部・刑事課が扱う仕事は、刑法事件に関する捜査がメインになります。

ただ都道府県によっては、覚せい剤取締法など刑法以外も刑事部でやっているところもあります。

具体的には
窃盗(ひったくり、空き巣、車上狙い、すり)
暴行・傷害
殺人・強盗
強姦・強制わいせつ
詐欺
選挙違反
放火・器物損壊
暴力団関係
誘拐、人質
など上げていくときりがありません。

また、これら事件に該当するものでなくても、例えば自殺や孤独死などの変死、失火による火災の究明なども刑事課の仕事となります。

刑事になりたくて警察官を志す人は多い。

テレビドラマでも一番多いですね。

しかし実際の刑事はドラマとはかけ離れています。

刑事ドラマはファンタジーです。

刑事の現実はどうか。少しだけ例を挙げると

作業着で何時間も死体業務をしたり、

灰だらけの火災現場で真っ黒になりながら原因調査したり

きつくて汚くて過酷な激務です。

鑑識

鑑識も刑事部門に入ります

鑑識は
指紋やその他証拠資料の収集
写真関係
科学捜査
警察犬
などが業務です

刑事課は私も実際にやっていたことがありますので、別の記事でさらに詳しく紹介します。

コメントを残す