車には必ずドライブレコーダーは付けるべき。その理由は事故以外にこんなにもたくさんのリスクから守ってくれるから。

車を持っている人は、ドライブレコーダーは絶対に取り付けておくべきです。

例えば↓↓この場合どうやって事実を証明できるでしょうか

① 車を運転していて青信号で交差点に入ったところ、赤信号を無視して交差点に入ってきた車と衝突した。

車を降りて相手に当然こう言うでしょう
「信号見てなかったのか?赤だっただろう?」

そうしたら相手の口からは信じられない返答
「こっちが青だった。赤信号だったのはそっちだろう」

車をぶつけられてただでさえ怒りたくなるのに、相手にこんなこと言われたらどうしたらいいか。

ドライブレコーダーがあれば簡単に証明してくれます。

② もうひとつ恐ろしい事例

車を運転していて「一時停止」があったため、確実に停止してから発進した。

発進したところ、後ろからパトカーが来て停止を求められた

警察官から信じられない一言
「一時停止しませんでしたね。違反で切符処理しますので、免許証を持ってパトカーに乗って下さい」

当然こう言い返しますよね
「絶対止まりましたよ」

そうすると警察官はこう言います
「みなさんそう言うんですよ。私たちは二人で見ています。早く切符処理して署名した方が早く終わりますよ。」

自分が正しいことをどうやって証明すればいいか

ドライブレコーダーがあれば簡単です

①も②も、もしドライブレコーダーがなかったら、事実を証明するのは大変です。

特に相手が警察官の場合は、確実な証拠がない限り覆すのはそうとう大変です。

たくさんの事件事故やトラブルを見てきた経験からいうと、こういうことは頻繁に起こることです。

警察官も人間ですから誤認することがないとは限りません。

ちなみにこういった交通違反で、絶対に自分はやってないと否認を続けるとどうなるか知ってますか?

最終的には裁判になりますが、物的証拠などが無い場合はお互いの言い分だけです。

その場合、一市民と警察官の言い分(供述)、どちらに基づいた判決が多いか。
細かい数字は忘れてしまいましたが、確か9対1くらいで判決は偏っています。

恐ろしくないですか?

①も②も自分は絶対に正しいのに、それが歪められてしまう。

ドライブレコーダーを設置していなかったら、どんな方法があるでしょうか。

考えられる方法としては、

付近の防犯カメラ映像
目撃者
・・・・・・・・・・・

これくらいではないでしょうか。

しかし、この二つはラッキーな偶然が重なってくれる必要があります。

防犯カメラに撮影されている場所とは限らないですし、目撃者が見ているとも限りません。

そこで、こういった事態で確実に自分を守ってくれるのがドライブレコーダーです。

↓こういう小型カメラで、車のフロントガラスなどに吸着させて、ドライブ中の画像を録画。

 

これが防犯カメラが無い場所でも、目撃者がいなくても、どちらが正しいかを証明してくれます。

車を運転する方で、ドライブレコーダーをまだつけていない方は絶対に付けておくことを勧めます。

私がつけているのは、コムテック ドライブレコーダー ZDR-012 という機種ですが、価格は約1万円です。

交通違反一回捕まれば、反則金で取られる金額の同じくらいでしょう。

もし①のような事故で、お互いの負担が五分五分になってしまったら、数十万円という負担になるかもしれません。

そのようなリスクをわずか一万円程度で防ぐことができるなら、これは大いに使うべきでしょう。

何を選ぶか

実はドライブレコーダーはかなりたくさんのメーカーがたくさんの種類を販売しています

価格も5千円くらいから3~4万円までと幅広い。

比較する項目としては
(1)・画質
(2)・記録するメディアの種類
(3)・駐車中に録画できるかどうか。(車から離れている間も録画してくれる)
(4)・イベント録画機能の有無
(5)GPS機能の有無
(6)その他Wifi接続ができて、無線でスマホで再生できるとか。
などでしょうか

(1)については、もちろん高額になるほどいいのですが、私が調べた限りでは1万円くらいの機種であれば、何かあった時の画質としては充分かなという印象でした
雨の日や夜間帯、トンネルなどで前方の車や対向車のナンバープレートがわかる程度の画質は必要でしょう。

価格が安い方がいいからといって、いざという時必要な画像が映っていけば装着している意味がありません。

最低限の画質は必要でしょう。しかし、何もそこまで最高画質を求めることもないと思います

(2)は、ほんとがmicroSDカードを使うものが多いです。
これはあまり比較する選択肢はないと思います。

(3)の駐車中録画機能は、私が結構迷った項目です。
駐車場に駐車している間に当て逃げや車上狙いに合う可能性って結構あるんですよね。
これを考えると、最初はこの機能があるものを選ぼうかと思っていました
しかし結論からいうとこの機能は諦めました。
この機能は、エンジン停止中にもカメラを作動させておく必要があります。
そうすると、バッテリーが必要なのです。
機種によっては配線や取り付けが面倒なものもありました。

ちなみにバッテリーを必要としないドライブレコーダーであれば、取り付けはすごく簡単ですよ。
ほとんどのドライブレコーダーは、シガーソケットに差し込んでそこから電源を取るだけです。
車の中身を全然知らない素人でも簡単に自分一人で取り付けられます。

しかし、バッテリーが必要なドライブレコーダーだと、配線を引いたりしなくてはならないものがあったりして、取り付けにひと手間かかりそうだったのです。

このような理由から、私は駐車中の録画機能については切り捨てることにしました。

(4)のイベント録画機能は絶対についている機種を選ぶべきです
イベント録画というのは、事故などの衝撃があった場合、その時の映像が上書きされないようにしてくれる機能です
ドライブレコーダーは、メディアの容量がいっぱいになると古いデータから上書きされていきます。
事故が起きた後に運転していると、その間に事故の時の映像が上書きされてしまうことがあるのです。

これでは意味がありません。
自分で覚えていて、事故の後ドライブレコーダーを使用できないようにすればいいのですが、事故の後動転している時に忘れずにできるでしょうか。

私はこのイベント録画機能は絶対についていることをお勧めします

これらを踏まえて私が選んだのが、コムテック ドライブレコーダー ZDR-012 という機種です。
↓こちらは楽天

 

こちらはアマゾン↓↓。アマゾンの方が価格は安いですね

画質は充分、大きさもコンパクトです。
イベント録画に反応する衝撃も自分で好みに調節できます。
フロントガラスに取り付ける作業もとても簡単でした

同じような機能を持ったもので、同じような価格のものもかなり調べました。

しかし、ボタン操作がしずらいという評価が多かったものや、使用中にすごく高温になって怖いというものなどがあり、そういったものを避けていったいった結果、この機種に辿り着きました。

現在までのところこのコストパフォーマンスには満足しています。

何かあってから、「つけておけばよかった」と後悔しても遅いです。

車を運転する方は絶対につけておくことを強くお勧めします。

 

コメントを残す