必ず常備しておく便利な食材「パンツェッタ(豚の塩漬け肉)」

これはスーパーマーケットで売っているベーコンの原材料です

科学添加物のオンパレードです。気持ち悪い。市販のベーコンはどれもこんな感じです。肉の加工品は特に添加物が多い。スーパーでいろんなベーコンを見てみて下さい

こんな物を大切な我が子に絶対食べさせたくないですよね。

そこで10分の手間で作れるベーコンよりおいしい塩漬け肉の作り方です。

私がベーコン代わりに使っているのがイタリアの塩漬け肉「パンツェッタ」です

豚バラ肉に塩と胡椒、ハーブをもみ込み乾燥・熟成させたものです。

 

ベーコンは燻製にする作業が大変なので作りません

誰でも簡単にできる物しか作りません。手間は10分も掛かりません。

 

パンツェッタはイタリア料理に限らずよく使います。

スパゲティカルボナーラなども、ベーコンだと燻製の臭さが出るので、パンツェッタを使った方が絶対においしい。

他にも、いろんなレシピで大活躍します

ミネストローネ、ほうれん草のソテー、キノコとオリーブオイルで炒める・・・

パンツェッタを使ったレシピは最後にいくつか紹介します

私は常に冷凍庫に常備しています。無くなりそうになったらまた次を作っておく

 

では作り方です 手間は10分も掛かりません

材料

①豚バラブロック(500gくらいである程度のボリュームで作り置きしておくといいです)

②塩:10g(豚バラが500gに対して)

③黒コショウ

④ハーブミックス↓私が使っている乾燥ハーブミックス(左)です。スーパーで売ってます。右はコショウ

 

作り方

①豚バラ肉にフォークで穴を開けまくる

とにかく串刺しにして、なるべくたくさんの穴をあける。三国無双です

② 穴だらけの肉に、塩、黒コショウ、ハーブミックスを掛けてもみ込む。

塩が浸透するようによくもみ込む。

③ 網を置いたバレットに置いて、冷蔵庫に入れる。ラップはしない。

一週間冷蔵庫で乾燥させれば完成です

↓一週間後です。すっかり乾燥しています

このまま冷蔵庫で保存すれば一週間から10日、冷凍庫なら1か月はもちます。

冷凍庫で保存する際は、冷凍庫に入れる前に、ある程度の大きさに切ってから保存しましょう。

大きいまま冷凍しちゃうと、使う時にカチンコチンで大変です。

 

使ってみる

今回は、キノコ、玉ねぎ、にんじん、ニンニクと一緒にオリーブオイルで炒めてみましょう。

肉に塩味がついているから味付け一切いりません。オリーブオイルとニンニクだけで充分です

 

噛むと肉のうまみがしみだしてきます。

 

誰でも簡単にできます。私は手間がかかる料理・調理はやりません。

本当においしいです。市販のベーコン買うより安くて安全でおいしい。

ぜひ常備食として作ってみて下さい。科学添加物を摂取するより体も変わるはずです

 

パンツェッタを使ったお気に入りレシピ

・スパゲティカルボナーラ

・ほうれん草ソテー

・カリカリに焼いてサンドイッチに

・ミネストローネ、ポトフなどの野菜スープに

・そのまま焼いて酒のつまみに

 

トマトソースとも合いますよ。



 

コメントを残す