「抱っこ癖」などという心配はこどもを不安定にする。こどもが望むときは満足するまで抱っこすべき

1~4歳くらいまで、こどもはとても抱っこされたがる。

泣いている赤ちゃんは、抱っこするとピタっと泣き止む

歩くようになり、話せるようにあっても、眠くなれば「抱っこして」、理由がなくても「抱っこして」、機嫌が悪くなると「抱っこして」。

この「抱っこして」に対して親はどうすべきか

抱っこ癖がつくからいつでも抱っこするのは止めた方がいい?そんなことないでしょ

うちの妻さんがどこかで聞いたらしいこの「抱っこ癖」。

こどもが抱っこを欲しがる度に親が応じていると抱っこが癖になる。だからいつでも抱っこしてあげるのはよくない、という考え方があるらしい。

そして実際に、あえて抱っこを拒否することにしている親たちもいるらしい。

 

私の考えはちがう

こどもが抱っこを欲しがったら、いつでも満足するまで抱っこしてあげるべきだと思う。

実際、可能な限り私はこどもが満足するまで抱っこしてきました。

なぜか。

 

そもそも「抱っこ癖」=ダメという思い込みがおかしい

抱っこ癖なんて大いにつけばいいじゃないすか

私は逆の方が恐いと思いますよ

こどもが抱っこしてほしい時、親に思いっきり甘えたい時、

しかし、今まで拒否されることが続いたため我慢する。

その方がよっぽど悪い状態だと思います

 

親にさえ自分の本音をぶちまけられないこどもが健全なわけがない。

必ずどこかで不満がたまり不安定になるでしょう。

子ども自身が不安な時、イライラした時、ママ・パパはいつでも抱っこしてくれるという安心感で満たされていること。その方が絶対に感情が安定したこどもになると思います

だから「抱っこ癖」=ダメ という思い込みがそもそもおかしいと思います

抱っこ癖なんてどんどんつけばいいんです

一定の年齢になれば、どんなこどもだって「抱っこして」何て言わなくなるんだから

 

こどもを抱っこできる期間なんて本当に一瞬です

面倒だなぁと思う時があるのは当然です。私だって何度もありました。

 

しかし、大きくなってから「もっと抱っこしておけばよかった」「あれは抱っこより優先すべきことではなかった」と後悔しても、こどもは戻ってくれません。

 

親子間で安心感と信頼感があり、こどもがしっかり満たされていることが絶対に一番いいに決まってます。

 

抱っこ癖なんていうわけのわからない迷信を信じるのではなく、目の前のこどもが欲したら満足するまで抱っこしてあげるべきだと思います。

 

どうしてもやることと重なったら「抱っこ紐」という手段がある

食事の準備など時間通りに行わなければならない家事もあります。

「抱っこして」がそれとバッティングした時は、抱っこ紐という手段もあります。これなら抱っこしてても両手が使えます

 

私もほぼ毎日使いました。買い物など外出中も便利。

抱っこ紐はいろいろありますが、私が使ってダントツで一番よかったのがこれ↓

Amazonのレビューでもダントツの高評価。

価格は高めです

しかし、抱っこ紐は絶対にケチってはいけない買い物のひとつです。

なぜならこどもの命に関わるからものだからです

安物、欠陥品は落下事故が起きています。

特に前かがみになった時に頭から落ちる。死亡事故も起きています

服やタオルなどは安物でいいとは思いますが、命や怪我に関わる物はお金をかけるべきです

これは抱っこした時の安定感、密着感が他の物と比べて別格でした

通気性もいいし、居心地がいいからすぐに寝てくれました。

着脱もキャップロックだからやりやすい。

本当にこれを使ってよかったと思えた製品でした

こどもが落下して大怪我したとしても「節約して安い物を買っておいてよかった」と思える親以外は絶対に高品質な物を使うべきです。

しかも毎日のように使うものです。安物ですぐ劣化したら結局コスパが悪い。

どれがいいか迷っているなら絶対にこれで間違いないですよ

 

コメントを残す