警察24時の取材が来た時、上司のボルテージがいつもより5段くらい上がってた

私が警察署に勤務していた時も、警察24時のテレビ取材班が何度か来ました

1週間~10日間くらい、テレビ局のスタッフがパトカーに同乗していました。

この取材に対して、当事者の警察官たちは意識するのか?

かなり意識します。

現場対応でいつもよりかなり盛ります。

いつもなら言わないようなことを言ったり、わざとアグレッシブに振舞ってかっこいいところを見せようとします

自分が撮影されたところが放送されてほしいと思っています。

自分が放送されることがわかれば、録画予約します。

 

例えば、50代半ばのベテラン巡査部長Nさんの場合。

パトカー勤務員で、ちょっと口が悪く、でもいつも元気。

思ったことはズバズバ言う気持ちのいい人。私もこの人は好きでした。

私は交番勤務員だったのですが、いろんな現場でよく一緒に対応しました

 

この人の特徴は、事案の大小に応じてエネルギー配分を大きく使い分けること

ベテランなので、その現場が大変な事案なのか、くだらない事案なのかの判断も早い。

重要な事案であれば、自らが前に出て行きます。

どうでもいい事案だと判断すると、私たち若手に「適当に追っ払っておけ」といってパトカーに乗ってさっさと現場を離脱する。

例えば、酔っ払いが通行人に絡んでいたとしても、怪我や盗難などの実害がなければ、私たちに「適当に駆除しておけ」といって、省エネで終わらせる。

自分がエネルギーをかけるべきか、そうでないかをはっきり区別する。

どうでもいいことまでグダグダうるさく言う頭の悪い人とは正反対です。

その判断はいつも適切なので、私たちも不満を持つことなく信頼していました。

 

そのNさんのパトカーに警察24時の取材班が入りました。

深夜に「酔っ払いが騒いでいる」という通報が入りました

私の交番の受け持ち区で、私も現場に行きました。

現場に着いて当事者たちを見つけて聴取していたところ、Nさんがパトカーでやってきました。

私は「あれ?」と思いました。

パトカーにも一応受け持ち区があります。

その現場はNさんパトカーの受け持ち区からはずっと離れていたのです。

通報が入った時にたまたま近くにいて来てくれたのかな、と思いました

 

パトカーから降りてくるNさん。テレビカメラも後ろからついてくる。

私「部長、すいません、うちの管内なのに。ただの酔っ払いの騒ぎです」

Nさん「そうか、その野郎はどこだ?」

別の警察官に聴取されているその酔っ払いを指さすと、Nさんは近づいていった。

あれ、今後ろのカメラをチラっと見たような。

 

男に近付いていったNさんは、別の警察官が聴取中にも関わらず、いきなり大声で

「おい!酔っぱらって人様に迷惑かけてるのはおめぇか?!」

「酒飲んでっからって何やっても許されると思うなよ。少なくともおれは許さねぇからな」

「おい、〇〇(私の名前)どんな状況だ?」

 

どうしたのこのボルテージ?

いつもならとっくに「適当に駆除しておけ」になる程度の事案なのに

なんか言葉遣いもいつもとちがうし。

私「まぁ酔っぱらって大声で騒いでいたみたいです。暴行とかその他一切実害はないようです」

Nさん「この野郎!パトカーに乗れ!」

Nさん、酔っ払い、カメラマンがパトカーへ。

数分後、パトカーから出てきた。

「おい〇〇(私のこと)、しっかり反省させておいたからよ。あとは安全に帰宅させろ。他人だけでなく本人の身の安全も考えてな。それがおれたち警察の任務だからよ。」

そう言い残すと取材班とともにさっそうと現場離脱していきました

 

・・・・・・

えー・・・・。

 

そこまで変わる?

いつもならここまで来ないよね?

来ても「適当に駆除しておけ」ですぐ帰るよね

 

 

という心情を知った上で、警察24時を見てみるとさらにおもしろく見られると思います。

私はほとんど見たことありませんが、Nさんみたいな警察官がたくさん出てくるでしょう。

そして自分がテレビで放送されていることを大喜びしながら録画しているはずです。



コメントを残す