キスしてないけどしそうになった女性警察官のことを数年ぶりに思い出した。

先日車で遠出をした際に、ある森林の横を通過した。

その時ある女性警察官のことを思い出しました

約10年間警察官をしていた中で、私が恋愛感情を抱いた女性警察官は2人いた。

一人は警察学校の同期。彼女の話はこちらの記事⇒警察学校では、好きな女性警察官の心をつかむためエネルギーゼリーが使える理由

 

もう一人が今回思い出した女性警察官の二人だ。ん?もう一人いたかな。まぁいいや。

結局、同僚と付き合ったことは一度もなかったけど、その森林の横を通過した時、その女性警察官を思い出した。

もしあの時キスしてたらどうなっていたか。

最後の送別会の時、「私のこと好きだと思ってたのに」とだけ言って、改札に消えていった彼女。追いかけてたらどうなってたか

私が警察官を辞めた後に、彼女のLINEの画像がかわいい赤ちゃんになっていた。

結婚したことを聞いた。相手を聞いた時驚いたなぁ。まさか彼とは。

二人でデートなんて一度もしたことないけど、せっかく思い出したから彼女のことを少し書いてみたくなった。

↑この写真はもちろん本人じゃありません。森林と笑顔の女性の画像を探してたらたまたま見つけた画像です。

彼女と初めて出会ったのは、職場異動の日。

私が新しい職場に異動になり、異動日当日初めてその警察署に出勤した日。

 

課内には、数人の女性警察官がいた。

それでも男女比は9対1くらい。

その中でもっとも私と年齢が近かったのが彼女だった。

私よりも3~4歳年下だった。

身長は女性の平均くらいで細身。

セミロングで顔が小さくて、とても女性警察官には見えない。(あ、ちょっとこの書き方はまずいか・・)

見た目の第一印象は「可愛らしい感じの人だな。女警の中でこんな感じの人あんまりいないな」

これは完全に見た目だけの印象。

 

初めて話した時の印象

彼女は笑顔がまったくなく、仕事に必要なこと以外はほとんど話さない、淡々と表情を変えることなく、業務に必要なことだけしか言わなかった。

「愛想ないなぁ。とっつきにくそうだ。」

これが初めて話した時の印象。

 

愛想がなく、笑顔が少なく、言葉も少ない。

退勤後や休日でも、かわいいアクセサリをしたり、ネイルをしたり、そういうことをあまりしなそうな印象だった。

 

でも、こういう女性が笑ってくれた時、ギャップを感じてしまう。

男はアホだ。

異動から1か月以上も経った頃、夜勤の深夜帯にその時がやって来た。



コメントを残す