離婚の方法は3つある。協議離婚・調停離婚・裁判離婚。何がちがうのか、自分にとってどれが最適か。

離婚が正式に成立するには3つの方法・形態があります。

 

1)協議離婚

2)調停離婚

3)裁判離婚

 

ほとんどの場合、1)で成立しないなら2)へ、2)で成立しないなら3)という順番になります。

何がちがうのか。

調停や裁判を利用した方がいいケースはどんな場合か。

少しでも離婚を考えているなら、これくらいの基礎知識は持っておきましょう

1 協議離婚

協議離婚とは、当事者夫婦の話し合いだけで成立したケースです。

当事者夫婦だけで離婚条件が合意すれば、離婚届けさえ提出すれば離婚は成立します

離婚する際に決めなければいけない様々な条件には例えば以下のようなものがあります。

財産をどうやって分けるか

親権はどちらにするか

慰謝料をいくら払うか。

 

これらについて、当事者夫婦の間で取り決めることができればそれで離婚は成立です。

これが協議離婚です。

基本的にはこれがもっとも望ましい形です。時間も手間も一番少なく済みます

ただし!協議離婚と言っても口約束で終わらせるのは危険です。

公正証書という形で、正式な契約文書として残しておきましょう。

公正証書については、検索して下さい。

どんなものか、どうやったら作れるのかはすぐにわかります。

簡単です。

では、夫婦の話し合いで離婚条件が合意に至らなかったらどうするのか。

 

例えば

・そもそもどちらか一方が離婚することを認めない

・こどもの親権をお互い譲らない、

・財産をどう分けるか、その比率をお互い譲らない

また、DVなどでそもそも話し合いができない場合はどうするのか。

このように当事者同士で決められない場合、裁判所に間に入ってもらって決める方法があります。

これが、調停離婚と、裁判です

2 調停離婚

詳しくは調停離婚だけで記事をつくりますので、ここでは概要だけ。

どちらかが裁判所に離婚調停の申請手続きをします。

調停は、裁判所の職員である調停委員が夫婦の間に入って、双方の言い分を聞きます。イメージはこんな感じです↓

妻・夫双方から事情を聞いたうえで、解決案を調停委員と一緒に見つけていくというのが調停です。

例えば、

・財産はこれくらいでわけたらどうでしょう

・親権はこどものことを思えば母親がはいいのではないでしょうか

このように第三者に入ってもらって、お互い合意できそうな条件を探していくのが調停です。

 

調停と裁判の一番のちがいは「強制力」

調停は裁判ではありません。

調停委員も裁判官ではありません。

裁判との一番のちがいは「強制力」です。

調停はすべてにおいて強制力はありません。

そもそも調停に出席するかどうかも強制力はありません。

夫婦どちらかが調停には応じないと言ったら、調停を進めることもできません

調停中に提示された条件に強制的に従う必要もありません。

(ただし!調停が成立した場合の条件については裁判判決と同じように強制力が発生します)

あくまで話し合いです

これが「裁判」との一番のちがいです

調停委員から妻か夫に対して「こうしなさい」「これで決定だから従いなさい」ということはできないのです。

 

調停で離婚するまでに期間はどれくらいかかるか

調停は一か月に一回くらいのペースで行われることが多いです。

ほとんどの場合、第一回目は事情を聞いて終わりなので、早くても2回以上は掛かるでしょう。

そもそも調停にくる時点で、合意できないもめ事を抱えているわけですし。

 

また、その裁判所がどれだけたくさんの案件を抱えているかによります。

多くの案件を抱えている裁判所だと、1か月半~2か月の間に一回というとこともあります。

中々合意に至らないと一年以上掛かる場合もあります。

調停がどれくらいの期間で終わるかは、お互いがどれだけ早く合意点を見つけられるかによります。

 

調停は不成立で終わることもある

調停は話し合いだから、夫婦どちらか一方が合意しなければ不成立で終わります。

調停に強制力はありません。

相手が出席しないなど、そもそも調停を始めることができない

どれだけ話し合っても合意に至らなかった

 

この場合、調停は不成立に終わり、離婚も成立させることができません。

こうなると最後の方法が「裁判」ということになります

3 裁判離婚

離婚裁判を起こすと、最終的には強制力を伴う判決が下されます。

・あなたちは離婚する(しない)

・親権は母又は父とする

調停と違い必ずなんらかしらの決着がつきます。

裁判は強制力を伴う

裁判官による判決は強制力を伴います

自分がどんなに離婚したくなくても、こどもの親権者になりたいと思っていても、判決内容には従わなくてはなりません。

従わないと裁判所の執行官によって強制手続きが行われます。

また裁判への出席を拒否すれば、相手の一方的な条件で判決を下される可能性もあります

調停と裁判の一番のちがいは「強制力」です。

裁判では、お互いが提出した証拠によって裁判官が白黒はっきり決着をつけます

そのため、裁判で勝つには裁判官を納得させられる有力な証拠をどれだけ提出できるかに掛かっています

証拠をどうやって保全しておくかは、今後の記事で詳しく紹介します

 

 

このように離婚には3つの方法があります

そもそも離婚は私的な問題です

当事者同士で解決できればそれでいいんです

当事者同士で解決できない場合だけ、裁判所を利用する。

こう考えておいて下さい。

夫婦での話し合いができるのにまだ何も話し合いをしていない

そんな状況でいきなり調停を利用する必要はないわけです。

調停や裁判は費用も掛かるし、話し合いを進めるペースも裁判所の指定に従わなくてはいけません

まずは協議離婚が基本と考えておくのがいいでしょう




コメントを残す