離活 別居・離婚前にクレジットカードを作っておくべき理由

現在では、どんな支払いにおいても現金よりクレジットカードで支払った方が得です

現金で払えば代金を払って終わりですが、クレジットカードで払えば、払う金額は同じなのにポイントが付くからです

私は買い物する際、95%以上クレジットカードで支払っています

しかし、このクレジットカードは誰でも持てるわけではありません

これから離婚や別居を考えている方は、離婚や別居してからクレジットカードを作ろうと思っても作れないかもしれません

そこで、離婚・別居前にクレジットカードを作って所有しておくことを強くすすめます

現金払いの人はクレジットカード払いの人より高い価格で買っているようなもの

 

支払いの最、購入者がクレジットカードを使用すると、企業側はカード使用料をカード会社に支払わなければいけません

そのため、金額だけでいえばカード払いを使われると店側は利益が減ります

その減った分の利益はどうするか

当然価格に上乗せするしかない

カード使用料を払うために、商品の価格が高く設定されます。

しかし、この上乗せ価格はカード使用者にだけ適用されるわけではありません。上乗せされた価格は、クレジットカードで払う人にも、現金払いの人にも同じ価格として適用されます。

クレジットカードで払う人はポイントがつくのでいいのですが、現金払いの人は上乗せされた高い価格を払うだけです

だから、現金払いって損してるんです

 

クレジットカードで使いすぎをしない使い方がありますので、それを守れば、クレジットカード払いは得しかありません。

現金払いでこれからも損を続けたい人以外はすぐにクレジットカードを所有すべきです。

特に専業主婦(主婦)は絶対に別居・離婚前にクレジットカードを作っておく

クレジットカードを持てる人と持てない人のちがいは

クレジットカードのクレジットとはそもそもどういう意味でしょうか?

これは信用です

あなたには信用があるから、支払いは来月に口座引き落としでいいですよ

これが信用によるカード払いです

クレジットカードを作りたいと申し込みをすると、その人は信用できるかどうかの審査があります

この審査に通らないとクレジットカードを作ることはできません

この審査の基準とは何か

簡単に言えば、安定した収入があるかどうかです

この安定した収入は、結婚している場合、配偶者に収入があれば審査に通ります

専業主婦(主夫)で自分自身には収入が無くても、夫または妻に収入があれば審査には通ります

だから、専業主婦【主夫】の人は結婚している間に作っておきましょう

もし離婚して無職や無収入になってしまったあとではクレジットカードの審査に通らなくてなってしまいます

一度作って持っておけば、その後無職や無収入になってもカードを返却しなければいけないといったことはありません

離婚や別居した後に、「作っておけばよかった」、と後悔しないように、審査に通るうちに作っておきましょう

クレジットカードは何百種類もある。どのカードがいいのか

クレジットカードは今や数えきれないほどの種類のカードがあります

TSUTAYAのTポイントがたまるカード

JRのポイントがたまるカード

航空マイレージがたまるカード

 

どれにすればいいか決めるのは難しいです

 

その中で誰にとっても間違いないのはイオンカード(WAON一体型)でしょう

今や全国どこにでもある小売店のイオン。

生活圏にイオンがない人の方が珍しいのではないでしょうか

イオンカード(WAON一体型)を作って、買い物はイオンで一点集中してポイントを貯める。これがもっとも得するやり方です

日用品や食料品は誰でも絶対に買わなければいけないものです

JRの定期券や飛行機に乗るか乗らないかとはちがいます

絶対に使うものです

だからイオンカード(WAON一体型)にしておけば間違いないといえます

この後も使い続けるかどうかわからない航空マイレージや特定店舗のカードにするより絶対確実です

ポイント還元率もかなりいいです

離婚・別居までにイオンカード(WAON一体型)
を作って、日用品の買い物はイオンで一点集中!

これだけでも大きな経済的アドバンテージになりますよ

離婚・別居前に必ずやっておきましょう

申し込みは↓こちら↓から

イオンカード(WAON一体型)


コメントを残す