公務員志望者は森友学園問題や学校のいじめ問題から採用試験で合格できる人物像を学ぶべき(有料記事)

公務員志望者は森友学園問題や学校のいじめ問題から採用試験で合格できる人物像を学ぶべき(有料記事)

一部抜粋
国民感覚の「正しい」と公務員の「正しい」はちがう。面接では公務員にとっての正しい人物であることが必要
公務員に好かれなくては公務員にはなれない
公務員幹部が欲しい人物と、市民が望む公務員は異なる

あの大社会学者も言っているように公務員(官僚)には大きな弊害がある↓

しかし、公務員になりたいなら面接では公務員色に染まりそうな人物と思われなくてはならない

公務員志望者は、必ず読んでおくべき必読書です

面接でも聞かれます

「公務員と民間企業のちがいはなんだと思いますか?」

「公務員としての心構えを述べて下さい」

まずはこの本で、公務員とはなんなのかを学んでおくべき

 

コメントを残す