警察官になりたいけど・・と迷っている人へ。採用試験の知識と合わせて警察がどれほど必要かをしつこく繰りてみました

警察はいつの時代もどんな国家でも、変わらず必要とされ続けてきた仕事。

1 時代の変化によって必要な仕事は変わるけど、変わらず必要とされ続ける仕事のひとつ

時代の変化によって、必要とされる仕事って変わりますよね。

産業革命の前と後

インターネット普及の前と後

江戸時代と昭和。

時代によって必要とされる仕事は変わります。

でも、どれだけ時代が変わって、変わらず必要され続ける仕事もあります

警察はその一つです。

警察が必要とされない時代はなかったですし、これから先も変わらないでしょう。

2 国家や政治形態が変わっても、警察のない国家なんてない

国家の形態や機能も大きく変わりました。

今ではすっかり「おれたちが正当な権力者だ」、みたいな顔している議員なんてものがが出てきたのは、長い歴史で見ればまだまだ最近のことです。

(古代ギリシャの民会や古代ローマの元老院はそもそも選挙選出じゃないし、今の議会とはまったく別物)

ヨーロッパでは教皇や国王、中国では皇帝、日本では武士が、長い間権力者でしたね。

でも、民主主義だろうが、絶対王政だろうが、幕府だろうが、どんな政治形態であっても国家には必ず警察機能があった。

幕府よりもさらに遡れば平安時代だって、「検非違使」という現在の警察にあたるものがあった。

国会議員なんていなくても成立していた国家はいくらでもありました

国王がいなくても成り立つ国家もいくらでもありました。

でも、警察はどうでしょうか。

議会よりも国王よりも、普遍的に国家にとって必要な機能です。

「夜警国家」という言葉は、警察と国防だけは国家にとって欠かせない最も重要な機能であることを示している

「夜警国家」という言葉

これはドイツのラッサールという社会主義者が言った言葉です。

彼は社会主義者ですので、経済でさえも国家が計画すべきという「大きな政府」論者です。

彼が、最小限のことしかやらない「小さな政府」を批判した際に使った言い方が「夜警国家」という言葉です。

国防と警察しかやらない国家という意味です。

最低限のことしかやらない政府という蔑称の意味を込めて言ったそうです

しかし、最低限のことしかやらない政府と表現する時でさえ、警察だけは国家の役割として外せないのです

政府がどこまでやるべきか、「大きな政府」「小さな政府」については、学者さんたちの間でも意見が異なります

ケインズのように景気対策まで積極的にいろいろやるべきだという人もいれば画像検索結果

自由主義者フリードマンは個人の自由と市場主義です。政府はよけいなことまでやり過ぎだと言っている。所得の再分配や社会保障は、国家による自由の侵害だという考え方です

フリードマンは、「消防」ですら国家がやる必要はなく、市場に任せればいいと言うくらい徹底した自由主義者です。

年金制度など、国家が個人の自由な選択を奪うよけいな干渉だと考えるようです

確かに、国家がやるとムダが多いのは事実ですよね。

例えば今の年金制度みたいに。

強制的に徴収した保険料ろくに管理もしないんですからねぇ。

しかも、そのいい加減な仕事のせいで発生した無駄コストは税金で賄うんですから。

フリードマンは、国家があれこれやると、日本の年金制度みたいにろくなことにならないんだから、市場と個人の自由に任せるべきと考える人です

フリードマンのような自由主義とは逆に、経済まで国家が管理すべきと言う社会主義者もいる。

いずれにしても、国家がどこまでやるかということについては、意見が一致しません。

でもどんな学者さんたちでも、国家に警察は必要ないという人はいないでしょう

もうここまでくると、警察とは国家機能であり、国家機能とは警察といえるんじゃないでしょうか

人間が国家を形成した時から、絶対に必要とされる仕事なんです。

いつの時代も、どの国でも、どんな政治形態でも

人間にとってこれだけ普遍的に必要とされる仕事が他にあるでしょうか。

他に思いつくものとしては、、、、医者、軍、農業、、あと何かあるでしょうか

あ、軍を持たない国っていうのもわずかにあるから、軍は普遍的ではないかもしれませんね。

農業も、遊牧民たちにとっては必要ない仕事かもしれません。

子どもがなりたい職業で警察官は上位に入る時があります。

こどもがなりたいということは、人々にとって必要であるということがわかりやすいということです

ということで、

どんな時代でも、どんな国家でも必要とされる数少ない仕事。

それだけでも一度はやってみる価値のある仕事だと思いませんか

誇り、やりがいがこれほどわかりやすい仕事も中々ないと思いますよ

好きで辞めた私だから、あえてこういうこと言わせてもらいました

ちなみに、この記事で出てきた歴史や経済は高校の教科書レベルです

つまり、警察官採用試験では出題範囲です

知らない、わからない、ということがあった人はこの際確認しておきましょう

といかそっちが本趣旨かな。

こちらの記事も合わせてどうぞ

⇒警察官になりたい(警察官志望者)人のための記事一覧

コメントを残す