突発で3歳の娘と二人で行くことになった北海道旅行

娘が3歳の時、私、妻、娘、3人で3泊4日の北海道旅行を計画。

しかし、一週間前になって、突発的な理由でどうしても妻さんが行けなくなってしまった。

選択肢は二つ。

キャンセルか、私と娘二人で行くか

すごく悩んだ。

育児をしている父親なら誰でもわかると思う。

幼い娘と父親だけで、3泊もの旅行に行くことがどれだけ大変なことか

 

父親なら痛感させられる時があると思う

母親には敵わない部分がある

母親でなければダメな時がある。

うちの娘にもあった。

もし北海道まで行って、そんな状況になったらお手上げだ。

私は途方に暮れてしまい、旅行に来たことを悔やむかもしれない

悩んで悩んで決めた

行かない方が後悔する

行ったらなんとかするしかないんだから、なんとかなるだろう

こうして、急きょ3歳の娘と二人で北海道旅行に行くことになった。

不安要素は山ほどある。一番恐い事態は数か月前に痛感したばかり

自分でいうのもなんだけど、娘は私のこと(パパ)が大好きだ。

それは自信を持って言える。

警察官を辞めたおかげで、3歳の時点まで娘とたっぷり一緒に過ごしてきていた

 

しかし、そんな父娘であっても、ママでないとダメ時がある。

北海道旅行の数か月前だったか、ママが午後から夜まで一人で出かけなくてはいけない日があった。

私と娘二人で家で留守番だった。

最初は順調だった

しかし、二人で夜ご飯を食べ終わった頃だった。

「ねー、ママは?」

「8時頃には帰ってくるよ」

しかし、次第に泣き始めた

やがて大声で泣き叫び始めた

「ママ!ママがいい!」

 

泣き叫ぶ娘を見て、私はどう思ったか

今思えば、優しくなだめて抱きしめればよかったと思う

でも、その時の自分の気持ちは、ただただショックだった

自分ではダメなんだということを思い知らされた

これだけやってきても、こどもにとって父親ではダメな部分があるんだと思い知らされた

ショックであり、こどもに対して「なんだよ」と思ってしまった。

ママと二人で家にいる時に、「パパがいい!」と言って泣き叫ぶことはきっとないだろう

結局、父親は母親ほどこどもの心を安心させられない

そんなふうに思ってしまった

今思えば、そんな考えはまったく的外れであることはわかる

父親と母親はちがう。

逆に父親でなければ与えられないこともたくさんある。

どっちが上とか下とかではない。

でも、その時の私はそう思えなかった

 

結局母親でないとダメなのか。

そう思ったショックで、泣き叫ぶこどもに何もしてあげることなく、泣き疲れるまでただただ見ていた

あの時のことを思い出すと今でも胸が痛くなる

「ママ!ママ!」と叫びながらも娘はずっと私を見ていた。

ママがいなくて寂しいけど、パパなんとかして。

そう言っているのはわかっていた

でも、ショックや悔しさで何とかしてあげたいという気になれなかった

そんなにママがいいなら、パパは知らない。ママが帰ってくるまで待ってればいい。

そんなことを思ってしまい、泣き叫ぶ小さな体を見てみないふりをしていた

 

北海道旅行の前に実際にこういうことがあったので、やはり娘と二人で行くのは不安だった

遠い旅先まで行ってこんなことになったら悲惨だ。

留守番の時のように、少し待てばママが帰ってくるわけでない

一日目にそうなったら、どうするか。

急きょ帰るとしても、数時間は掛かる

そもそも帰るなんてできない

これが娘と二人だけで行く際のもっとも心配なリスクだった

もし行って、旅行中ずっとそんな状態だったら、行かないで家で遊んでいる方がマシだ。

 

他にも、細かい心配事はたくさんある

こどもはトレイがないところでトイレに行きたくなる

一年前に行った時は、飛行機で耳が痛くなったということで大泣きした

北海道の移動は車で数時間とかが当たり前。車内でパパと二人だけ大丈夫か。グズッたらどうしよう

一年前は、ママと3人で行ったのにそれでもいろいろ大変だった。

 

悪い事態を想定するとやはり気が重くなる

キャンセルするか

 

二日くらい悩みに悩んだ

しかし、やはり行くことにした

悪い事態を想定すると確かに気が重くなる

でも、いい方に考えるとやはり行った方がいい。

問題なく楽しく過ごせるかもしれない

問題が起きてもなんとかなるかもしれない

というより、旅先でそうなったらなんとかするしかない。なんとかなるだろう。

娘にとっても私にとっても、きっといい経験になる

もう娘を信じて飛び込んでみようと決めた

妻さんに「行くよ」と言ったら、「待ってるこっちの方が心配だよ。でも、なんとかしてきて。帰ってきたらきっといい思いでになるよ」

と言われた。

こうして、3歳の娘と二人だけで飛行機に乗って3泊4日の北海道旅行に行くことになった。

今から思えば、本当に行ってよかったと思える最高の思い出になるわけだけど、当時の私は不安でいっぱい。

出発までに残された時間はあと3日。

あらゆる事態を想定しての、入念な準備が始まった。

次回、旅行中「ママ!」とぐずらせないために私が考えた作戦。3日目までは大成功!

この旅行思い出すと、娘が愛おしくてたまらなくなる。



コメントを残す