小学校入学で子どもに持たせる防犯ブザーを元警察官が本気で厳選した

子どもの小学校入学に際して、初めて防犯ブザーを買う親御さんも多いでしょう。

私も小学生の子どもを持つ親として、同じ経験をしています。

この記事では、私が子供に持たせる防犯ブザーを選んだ際の考え方と、実際にどの防犯ブザーを持たせるべきかを紹介します

防犯ブザーは適当に安物で済ませていい物ではない

何百件という犯罪を取り扱って来た元警察官として、子どもに持たせる防犯ブザーに対する考えがあります。

防犯ブザーは適当に安い物を持たせるべきではありません。

自分の命よりも大切な我が子の生死を分ける可能性のあるものです。

たった数千円をケチったことで我が子の生死が分かれてしまったとしたら悔やんでも悔やみきれません。

 

子どもが被害者になる犯罪は日本中で毎日のように発生している

平成最悪の幼女連続殺害事件はご存じでしょうしょうか?

宮崎勤という変態凶悪犯が短期間の間に次々と幼女を誘拐して殺害した事件

こういう幼女を狙った変態凶悪犯は今でも日本中にうじゃうじゃいます。

今年だけも数多くの事件が発生しています。

具体的に事件を知りたい方は以下のキーワードで検索してみて下さい

今年だけで幼いことが被害に遭った凶悪事件がどれだけ起きているかわかります。

小林義雄

民進党の小川勝也参議院議員の長男小川遥資

さらに、被害者が警察に通報していないため件数にカウントされていない事件もたくさんあるはずです。

性被害は被害に遭っても通報しにくい事件です。

もしかしたら、警察の認知件数よりも、認知できていない隠れ事件の方が多いかもしれません。

つまり、自分の子どもが被害に遭う恐れは充分にあるということです。

自分の子が被害に遭うことはないだろう

自分は大丈夫

そう思うのは間違いです。

あなたの近所にも間違いなく変態凶悪犯はいます。

 

防犯ブザーは被害に遭うかもしれないという前提で選ぶべき

このように、自分の子が被害に遭うかもしれないという前提で考えると、防犯ブザーはとても重要です。とりあえず持っておけばいいという物ではないのです。

実際に被害に遭いそうになった時に

確実に使えて

確実に効果がある

物を持たせておく必要があります。

 

いざという時に

不良品で鳴らない

鳴っても効果がない

子どもには使いずらい

と言った防犯ブザーでは持たせておいても意味がないのです。

 

私が防犯ブザーを選ぶ項目

私が実際に防犯ブザーを比較した際の項目です

①小学校低学年の子どもでも使用できる

②使用した時に防犯効果が高い

③電池のコスト

 

これらを総合して、何十個もの防犯ブザーを比較した結果、2つの防犯ブザーに絞られました

その2つがこれです

2つの共通点は使用した時に「サイレン音」だけでなく「悲鳴」が鳴り響くこと

この製品は、使用した時に「サイレン音」だけでなく、「助けて~」という人間の悲鳴が大音量で鳴り響きます

実際に使用した時の動画です→こちら

サイレン音よりも悲鳴の方が確実に効果は高い

多くの防犯ブザーでは、「ピーピー!」といった大音量のサイレン音がなります

直接見えない人にとってはなんの音かわからない

現場が見えない位置から聞いている人にとっては、サイレン音が鳴っていても、何の音かわかりません。

実際あなたが家の中にいたところ、外でピーピー鳴っている音が聞こえてどう思いますか?

「何の音?うるさいなあ」

「車のセキュリティが誤作動かな」

くらいで終わってしまいます。

いちいち、家の外まで駆けだして行って、その音が鳴っている場所まで行こうと思いますか?

つまり、サイレン音だけでは、こどもが危険な状況に遭っているということを知ってもらうことができないのです。

もし、自分のこどもが凶悪犯に遭遇している時に、近くの人が出て来てくれて助かっていたらと思うと、サイレン音では不十分です。

言葉で「助けて」であれば、近くで誰かが困っていることだけは伝わる

その点、人間の声で「助けて」という言葉であれば、現場を見えない位置から聞いている人でも、とりあえず何かあったんだということがわかります。

サイレンよりは誰かが来てくれる確率はかなり高まります。

 

人は本当に恐い時は悲鳴を上げることもできなくなります。

特にこどもはどうしていいかわかりません。

そんな時、とにかくこれを鳴らせばいい、ということだけ教えておけば助かるかもしれません

 

最終的に選んだのはたすけて叫ぶ防犯ブザー 守護神

2つに絞って最終的にはこっちを選びました↓

なぜこっちにしたのか

理由は使いやすさでした

もうひとつのウルトラボイザーの方は、使用する際に鳴らし方が少し難しい。

使用する際、本体上部を押してからピンを抜きます。

使用する際に、ただ抜くというワンアクションではなくツーアクション必要です。

恐ろしい状況で小学校低学年の子どもが咄嗟に使用できるかどうか、疑問が残りました

その点、たすけて叫ぶ防犯ブザー 守護神はピンを抜くだけ。

簡単です。

子どもがこれを本当に使用する時は、恐ろしくて声も出ない、体が動かないという状況の時です

そんな時は、ひとつ動作が多いか少ないが大きな差になります。

そこまで考えた結果、私はたすけて叫ぶ防犯ブザー 守護神の方を選びました

 

これはこどもに持たせるのに一番いい防犯ブザーです。

こどもに限らず女性も必ずひとつ持っておくことを強く強くおすすめします。

Amazonでの購入はこちら↓

楽天では現在取り扱っていないようです

 

コメントを残す