ついに始まる警察学校 入校当日⑥。目の前のご飯を中々食べることが許されない

前回→ついに始まる警察学校 入校当日⑤(これから半年間対決?することになる担当教官)

の続き

教室でのガイダンスが終わると、また寮に戻りました。

ここでようやくルームメイトたちと少し話ができるようになってきました。

部屋長(班長)の

「せっかくだからお互いに自己紹介しておきませんか」

という声掛けで、6人それぞれお互いの紹介をしました。

私のルームメイト(班員)は、

班長が30歳過ぎの元会社員、

28歳くらいの元会社員、

24歳で大学卒業以来アルバイトをしながら警察官試験を受け続けてようやく合格して入ってきた人

などがいました。

私は年齢的にはちょうど真ん中くらいでした

自己紹介したり、部屋の片づけなどをしているとあっという間に夕食の時間が近づいてきました。

警察学校での初めての食事です。

班でそろって食堂に向かいます

2百人くらいが入れる食堂に付くと、私たちより先に入校している先輩期の人たちもいました。

食事をするところなのにここでもでかい声が聞こえてくる。

初めての食事です

どこに座ればいいのか

どうやって食べ始めるところまでたどり着けばいいのか

何もわかりません。

そのため食堂にも担当教官が来てすべて説明します。

全員で食事を運んで並べていきます。

ちょっとでもグズグズしていたり、何もすることが見つからなくて立ち止まっていると、教官から怒鳴り声をいただけます。

全員の食事が並び終わって席について号令係りの号令です

「姿勢を正して!」

ここで背筋を伸ばして座りながら気を付けします

「いただきます!」

全員で

「いただきます!!」

すかさず教官

「声が小せえよ!!」

「この食事を作ってくれた人への感謝が伝わってこねえよ!!もう一回!!」

目の前にある食事に中々辿り着けません。

今にも笑ってしまいそうでしたがもちろんこらえる。

3回くらいやったでしょうか。

食事をする場所に、

「いただきます!」

やら、教官の怒鳴り声やら異常なでかい声が響き渡っています

先輩期たちは、「新入生やってるやってる」と見ています

怒鳴り散らすような声で「いただきます」を数回言ったのちようやく食べ始めることができました。

しかし食べ始めてからも教官はちゃんと見守ってくれます。

食べてる傍から

「食堂の人たちがお前たちの為に作ってくれた食事だ。どんな味だろうと当然残さず全部食べろよ」

ちょっと教官、それって教官も美味しくないって認めてるってこと?

、とまた笑いそうになりました。

しかし、実際に警察学校の食事は美味しくありませんでした。

これだけピリピリした雰囲気の食事は初めてだったと思います。

急ぐように食べ終わると、今度は「ご馳走様」の号令が待っています

本当にいちいち面倒くさいものです。

「ご馳走様」も3回くらいやったと思います。

もともとあまり美味しくない食事がよけいおいしくなくなるわけです。

食事が終わると今度はお風呂です。

お風呂もたくさんの規則があります。

お風呂については色々な話がありますので、お風呂の話だけでひとつ記事をつくるつもりです。

警察学校のお風呂は壮絶です。

お風呂も終わると、後は22時前の夜の点呼まで特に何もなく自由時間です。

入校初日に夜の点呼をやったかどうかは忘れてしまいました。

点呼についても朝と夜があります。

どんな感じなのか、点呼の記事でご紹介します。

こうして初めて警察学校に来た初日は終わりました。

22時30分には完全に部屋の電気を消していなければいけません。

教官が見回りに来ます。

その時に電気が付いてたり、話し声がしたりでもしたら、それはそれはおもしろいことになります

しかし、疲れていても初めての環境で、気持ちも動揺やらで中々寝付けなかったのを覚えています。

昨日の夜は彼女と思いっきりセックスしたあと、幸せな気持ちで寝てたのに・・、そんなことも思いました。

さらに、今後私を半年間睡眠不足にしてくれたのが、班長のいびきでした。

こっちは寝れないのに、班長は初日から爆睡&大いびきでした。

そんなわけであまりよく眠れずに翌日を迎えたのを覚えています。

次回は、いよいよ始まった警察学校。その最初の半月で繰り返されたまさかの訓練について紹介しようと思っています

コメントを残す