(会員限定記事)初めての司法解剖の日、緊張で震える私を待っていたのはカワイイ女子大生たちの女子トークだった

警察官の壮絶な仕事のひとつが解剖です

亡くなった人の体を切り開いて調べる。

解剖の目的はいくつかありますが、もっとも重要な目的は死因の特定です

人の体を隅から隅まで徹底的に調べます

そのため時間も掛かる。

長い時は6時間以上掛かる時もある。

今回は私が初めて解剖に行った時、ビビりまくってどれだけ情けなかったかの話です。

“(会員限定記事)初めての司法解剖の日、緊張で震える私を待っていたのはカワイイ女子大生たちの女子トークだった” の続きを読む

警察官の職場異動は予測不可能なことだらけ

警察官には定期的に職場異動があります。

例えば私の場合

警察学校初任科 → 警察署地域課で交番・パトカー → 本部警備部機動隊 → 警察署刑事課

というように、約10年の間にこれだけ異動がありました。

異動はどれくらくいの周期であるのか、異動先は希望できるのかなどについての内容となります。



“警察官の職場異動は予測不可能なことだらけ” の続きを読む

(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは

無線指令で、次の一文字を息をのんで待つ瞬間の話。

次の一言が「こ」なら胸をなでおろして一安心

しかし、「へ」が「か」だと重労働事案の襲来です。
“(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは” の続きを読む

警察官になりたい人が抱える不安に答える。三回目は「警察官になったら死体を見るのは避けられないの?」

元警察官@motokeisatuです

警察官医師葬儀屋と並んで死体と対面することが多い仕事です

警察官になりたい人の中には、「死体なんて絶対無理!」という不安を抱えている人もいると思います

自分がやりたいのは白バイであって死体はやりたくない。でも警察官になったらやっぱり避けられないの?

そんな思いの人もいると思います

警察官になったら死体は避けて通れないのか

その不安に対しての実態です。

“警察官になりたい人が抱える不安に答える。三回目は「警察官になったら死体を見るのは避けられないの?」” の続きを読む

交番、パトカー、鑑識、機動隊。もっともプレッシャーのきつかった仕事は。

機動隊の時はプレッシャーを感じた仕事はなかっと思います。

交番やパトカーの時は、それなりにありました。現場で逮捕すべきかどうか判断が難しい事案もありましたし

しかし、もっともきついプレッシャーを感じたのは鑑識でした

鑑識の仕事は警察官の仕事の中でも、特にプレッシャーのきつい仕事です。でも、もっとも追及し甲斐のある仕事でもありました

“交番、パトカー、鑑識、機動隊。もっともプレッシャーのきつかった仕事は。” の続きを読む

緊急逮捕、現行犯逮捕、逮捕、ちがいは何か?憲法を読むとわかる

以下の3つの事件、

すべて被疑者は逮捕されていますが、「逮捕」の部分がそれぞれ違うことに気が付かれましたか?

(1)強盗殺人の疑い、30歳の男を緊急逮捕 長崎・佐世保

(2)<愛知県警>57歳警部補を痴漢容疑で逮捕

(3)千葉県職員ら逮捕 官製談合防止法違反などの疑い

“緊急逮捕、現行犯逮捕、逮捕、ちがいは何か?憲法を読むとわかる” の続きを読む

母親の涙だろうがビンタだろうが、更生しない人間は更生しない。

前回は、

犯罪を犯して検挙された少年少女。親を呼んだら「この親じゃ犯罪者になるわけだ」

犯罪を犯したこどもを引き取りに来て、こども以上に悪質な親たちについて書きました

自分の子どもが犯罪を犯して警察に迎えた来た親の反応は、他にもいろいろあります

今回は、涙を流して泣いてしまう母親、こどもにビンタを喰らわせた母親です。 “母親の涙だろうがビンタだろうが、更生しない人間は更生しない。” の続きを読む