(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは

無線指令で、次の一文字を息をのんで待つ瞬間の話。

次の一言が「こ」なら胸をなでおろして一安心

しかし、「へ」が「か」だと重労働事案の襲来です。
“(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは” の続きを読む

リクナビのグッドポイント診断をやってみたら私はこんな人間でした

以前こちらの記事→転職活動は今の仕事を辞める前から始めるべき

で紹介したリクナビNEXTグッドポイント診断LP

を久しぶりにやってみました

このサービスは無料で、約200問の質問に回答することで自己分析診断をしてくれます

どんな結果が出るのかを実証してみます

“リクナビのグッドポイント診断をやってみたら私はこんな人間でした” の続きを読む

警察官として危険察知能力が身についてきたことを確信した出来事

元警察官@motokeisatuです

警察学校を卒業して交番勤務になり、二年くらい経った時のこと。

長い夜勤を終えて朝を迎え、さらにそこから7時間残業をして、ようやく退勤できたのが16時頃

ほぼ半同棲していた(職場には無許可)彼女の家に向かって電車に乗り込んだ。

電車に乗ってすぐだった。

携帯電話の着信音が鳴った・・。

ポケットから電話を取り出して、画面を見ると職場の警察署からと表示。

なんだかすごーく嫌な予感がした。

言葉では説明できないけど、この電話に出ても自分にとって何一ついいことはないという予感がした。

 

しかし、電車の中であっても、電話に出ないとキチガイのようにキレる幹部もいる。

画面には署の番号しか表示されないため、電話を掛けてきているのが誰かまでは特定できない。

どうするか・・・。

迷った。 “警察官として危険察知能力が身についてきたことを確信した出来事” の続きを読む

警察官になりたいけど・・と迷っている人へ。採用試験の知識と合わせて警察がどれほど必要かをしつこく繰りてみました

警察はいつの時代もどんな国家でも、変わらず必要とされ続けてきた仕事。

1 時代の変化によって必要な仕事は変わるけど、変わらず必要とされ続ける仕事のひとつ

時代の変化によって、必要とされる仕事って変わりますよね。

産業革命の前と後

インターネット普及の前と後

江戸時代と昭和。

時代によって必要とされる仕事は変わります。

でも、どれだけ時代が変わって、変わらず必要され続ける仕事もあります

警察はその一つです。

警察が必要とされない時代はなかったですし、これから先も変わらないでしょう。

“警察官になりたいけど・・と迷っている人へ。採用試験の知識と合わせて警察がどれほど必要かをしつこく繰りてみました” の続きを読む

警察官の勤務形態① 交番警察官などに多い「三交代制」

元警察官@motokeisatuです

警察官は部署や配属先によって勤務形態が二つに分かれます

3交代勤務

日勤勤務

ふたつです

今回は3交代勤務とはどのような勤務形態なのかについて “警察官の勤務形態① 交番警察官などに多い「三交代制」” の続きを読む

警察官になりたい人が抱える不安に答える。三回目は「警察官になったら死体を見るのは避けられないの?」

元警察官@motokeisatuです

警察官医師葬儀屋と並んで死体と対面することが多い仕事です

警察官になりたい人の中には、「死体なんて絶対無理!」という不安を抱えている人もいると思います

自分がやりたいのは白バイであって死体はやりたくない。でも警察官になったらやっぱり避けられないの?

そんな思いの人もいると思います

警察官になったら死体は避けて通れないのか

その不安に対しての実態です。

“警察官になりたい人が抱える不安に答える。三回目は「警察官になったら死体を見るのは避けられないの?」” の続きを読む

総集編DVD買う価値のあるF1シーズンランキング

私はF1大好きです

1990年代前半、セナ、マンセル、プロストの頃から見始めました

F1は自動車レースの最高峰のカテゴリーです

F1はまさに世界選手権で、世界中の国を転戦しながらレースが行われます

ヨーロッパ、アジア、南北アメリカ、オーストラリアでもレースが行われます。

 

シーズンは一年単位で、1年間に約20レース行われる。

レースごとに各順位に応じてドライバーにポイントが与えられます

現在だと、一位には25ポイント、2位には18ポイント、3位には15ポイント・・・・10位1ポイント。

年間で最大のポイントを獲得したドライバーが年間シリーズチャンピオンとなります

2000年の優勝者、2001年の優勝者というふうに、年間でシリーズになっています

 

実は日本にも毎年やってきます

三重県の鈴鹿サーキットに10月頃やってきます

鈴鹿サーキットは多くのドライバーから「チャレンジしがいのある大好きなコース」と言われる世界屈指の名コースです。

 

私は、鈴鹿には5回観戦に行っています。

海外観戦も一度行っています

ありがたいことに妻さんもF1好きな人だったので、二人の共通の楽しみです

 

今回は私の大好きなF1を好き勝手に語りたいと思い、何にしようか考えました

名バトル、

好きなドライバー

好きなコース

など

今回は、これまで見てきた年間シーズンで、特にエキサイティングだったシーズンベスト3を選んでみることにしました

ここで挙げた年のF1シーズンは、総集編のDVDを買う価値ありです。

F1って何なの?という人から、テレビでは見るけどDVDまでは買わないという人まで、ぜひ見てほしい選抜シーズンです

“総集編DVD買う価値のあるF1シーズンランキング” の続きを読む

警察官になりたい人が抱える不安に答える。二回目は「柔道・剣道の経験がなくても大丈夫?」

警察官になると、必ず柔道剣道のどちらかをやらされます

警察学校に入るとどちらをやるか必ず選択しなければいけません

警察学校を卒業して現場に出てからも、定期的に柔剣道の訓練はあります

また、警察柔道大会とか剣道大会なんてものも時々行われます

 

これから警察官になろうという人の中には、柔道・剣道の経験がないとやっていけないのだろうか、と不安になる人がいるようです

実際どうなのか

経験がないことで不利益を受けたり、経験があることで何かアドバンテージがあったりするのか

今回もまず結論から

“警察官になりたい人が抱える不安に答える。二回目は「柔道・剣道の経験がなくても大丈夫?」” の続きを読む

警察官になりたい人が抱える不安に答えます。一回目は「体力や運動能力がないと警察官 は無理?」

警察官になりたい、将来の夢は警察官

そういう人たちからたくさん質問や悩みが来ます

その中でも、多かった悩みや不安についてまとめてわかる記事を作っていきます

 

まず、今回は「体力や身体能力がないと警察官はやっていけないの?警察学校の訓練はついていけないの?」という不安から。

“警察官になりたい人が抱える不安に答えます。一回目は「体力や運動能力がないと警察官 は無理?」” の続きを読む

警察学校は警察官になりたい人が行く学校ではありません

同じような質問がたくさん来てて、誤解している人が多いようなので記事にしておきます

たくさん来ている質問とは

「警察官になるには必ず警察学校に行かなくてはいけないのですか?」

どうやら警察学校というものを大きく誤解しているようです

警察学校は警察官になるために行く学校ではありません

“警察学校は警察官になりたい人が行く学校ではありません” の続きを読む