離婚活動(離活)は決断してからでは遅い。準備だけはフライングで始めるべき

前回の記事→DV夫から逃れるため2歳の子と家出をした女性。彼女のケースから離婚に必要な情報を掘り起こす

 

彼女は家を出た後、生活保護を受けなければいけないほど経済的に困窮しました。

 

我が子以外何もかも失った状態になりました

 

離婚交渉を有利に進めるため必要な証拠もすべて置いてきてしまった。

そのため証拠があれば取れたはずの慰謝料も取れなかった

 

そうなってしまった原因は何か

何も準備しないで別居を始めてしまったことです

離婚を決意するまで離婚の準備を何一つしていなかったからです “離婚活動(離活)は決断してからでは遅い。準備だけはフライングで始めるべき” の続きを読む