世の夫の方々、妊娠中の妻、出産後の妻は全力で支えよう。取り返しのつかないことになるぞ

女性の愛情曲線グラフ

図 女性の愛情曲線

(出典)東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長
渥美由喜著「夫婦の愛情曲線の変遷」

 

注目すべきポイントは、青線夫への愛情ライン

途中で二つに分岐していますね

出産後、一度沈んだ夫への愛情が再び上昇しているラインと、そのまま下降し続けるライン。

 

これを分ける要因は何か “世の夫の方々、妊娠中の妻、出産後の妻は全力で支えよう。取り返しのつかないことになるぞ” の続きを読む

男「言わなくてもわかってるだろ」女「わかってても言ってほしい」論争に対する男としての本音

男女関係にある二人で、

女性「きちんと言葉で言ってほしい

男「言わなくてもわかってるだろ

は誰でも一度は経験あると思う。

ここでの「言う」とは、

「愛している」 「好き」 「大切に思っている」

などが対象であることが多い。

ほとんどの人が経験あるはず。

 

そこで、3点について考えてみた

❶そもそも、なぜ女性はわかりきっていることを言ってほしいのか

❷なぜ男は女性を満足させるほど言わないのか

❸幸せなカップルであり続けるには、お互いどうするのがいいのか

“男「言わなくてもわかってるだろ」女「わかってても言ってほしい」論争に対する男としての本音” の続きを読む

結婚式で「こどもはいつ?」「こどもの顔を楽しみにしてます」とか言う人。本当に無神経だと思う。

結婚式に限らず、若い夫婦に言う人いますよね

「こどもはまだなの?」

一人目が産まれると

「二人目はいつ?」「一人っ子はかわいそうだよ」

姑だけではなく、職場の上司、親戚や近所、知人。

平気でこういうことを言う人がいる。

神経を疑いますね “結婚式で「こどもはいつ?」「こどもの顔を楽しみにしてます」とか言う人。本当に無神経だと思う。” の続きを読む

信頼できる夫婦関係があれば・・・。まっとうな人生を歩んできた人が突然犯罪者になる時。

30歳まで真っ当な人生を歩んできた男性が突然連続窃盗犯に変わってしまった。

その理由はなんだったのか。

その事件は私にとって夫婦関係のあり方を考えさせられるものでした。

キラキラして楽しいだけでは夫婦関係は成り立たない、理想の夫婦はもっとちがうのです。

連続窃盗犯を逮捕した。犯行に及んだ理由は

“信頼できる夫婦関係があれば・・・。まっとうな人生を歩んできた人が突然犯罪者になる時。” の続きを読む

妻さんに言えない深刻な悩み

夫婦の間で本音を言い合うことができていますか?

妻の本音はわかっている

夫の本音を理解している

自信をもってそう言える夫婦さんたちはどれくらいいるでしょうか?

 

実は私は妻さんに言えていない本音がいくつかある。 “妻さんに言えない深刻な悩み” の続きを読む

もっと夫に家事・育児をやってほしいと思っている妻さん。言葉がけをちょっと気を付けるだけで男は大きく変わるよ

夫にもっと家事や育児をしてほしいと悩んでいる妻さんたち。

言葉がけを少し変えるだけで、夫のやる気は大きく変わります

この記事が対象としているのは、本当に家のことをやらない昭和な夫レベルのケースです。

なお、すでにある程度家事をこなしていて、さらなるレベルアップを目指すクラスの夫婦には参考程度にしかなりません。

“もっと夫に家事・育児をやってほしいと思っている妻さん。言葉がけをちょっと気を付けるだけで男は大きく変わるよ” の続きを読む

夫婦で「パパ」「ママ」と呼び合うのは止めた方がいい

夫が妻を「ママ」とか「母ちゃん」とか呼ぶ

妻が夫を「パパ」とか「父ちゃん」とか呼ぶ

あれはすごく違和感を感じるし、やめたほうがいいと思う。

私は絶対妻を「ママ」とか「母ちゃん」とは呼ばない。

また「奥さん」とも呼ばない。

“夫婦で「パパ」「ママ」と呼び合うのは止めた方がいい” の続きを読む