「警視長」「警視庁」「警察庁」のちがい

前回記事⇒巡査から警視総監。全警察官には必ず階級がつく

についての追記のような記事です。

私は巡査から始まり、ひとつだけ昇任して巡査部長で退職しました。

私のように地方公務員として警察官をやってきた者にとって、警視正以上の人と関わることなんてほぼ皆無です。

都道府県警察の採用試験に合格して地方公務員として警察官になった人が、努力してなれる最高の階級は基本的に警視正までです。

しかし、警視庁だけは少し違います

「警視長」「警視庁」「警察庁」のちがい

“「警視長」「警視庁」「警察庁」のちがい” の続きを読む

連続ドラマ(特に刑事ドラマ)ほぼ見ない私が、ハマって中毒になったドラマ「プリズンブレイク」

私はドラマをほとんど見ません

特に警察・刑事ドラマはみない

ドラマは映画と違って、全部見るには時間が掛かるので

映画は2時間で終わりますが、連続ドラマは数日かかる

だから見る前にけっこう厳選します

見始めても、最後まで見ずに途中で止めてしまうこともけっこうあります

「これはもういいや」って

そんな私ですが、いくつか中毒になったドラマがあります

“連続ドラマ(特に刑事ドラマ)ほぼ見ない私が、ハマって中毒になったドラマ「プリズンブレイク」” の続きを読む

巡査から警視総監。全警察官には必ず階級がつく。階級ってなんなの?がわかる記事

警察官には一人ひとり必ず階級が付けられます

ヒエラルキー、人間一人ひとりに上下関係をつける

階級の名称を下から順にあげていくと

巡査 ⇒(巡査長)
巡査部長
警部補
警部
警視
警視正
警視長
警視監
警視総監

となります

 

私のように各都道府県警の警察官(地方公務員)になった場合は、巡査から始まります

上の階級に上がるには、内部で行われる昇任試験で合格することが必要です。

時々、昇任試験とは別の特例ルートで承認する場合もありますが、基本的には昇任試験によって、階級を上げていくことができます

“巡査から警視総監。全警察官には必ず階級がつく。階級ってなんなの?がわかる記事” の続きを読む

自分に合う仕事がわからないという悩み。今日中に解決する方法

就職・転職を考えている人が必ずぶち当たる悩みが「自分に向いている仕事がわからない」。

 

職種・業種・勤務形態

いろいろあり過ぎて自分にはどれがいいかなんて簡単にはわかりません

しかし、人生を左右する大きな決断です

勇気がいるし、簡単に決められることではない

でも、順番が間違ってませんか?

たくさんの求人票を見る前に、先にやることがあるはず

相手を知る前に自分を知ることです

“自分に合う仕事がわからないという悩み。今日中に解決する方法” の続きを読む

警察学校でもっとも過酷だと恐れられる訓練。初訓練後の率直な感想を言うと

「入校期間の後半からもっとも過酷な訓練が始まる」

警察学校に入校したばかりの頃、そんなことを教官から時々聞かされていた

その訓練が夏期に行われた場合、70%以上の確率で救急車の要請があるらしい。

 

学校でその訓練が行われている日はすぐにわかる。

学校のどこにいても音が聞こえるから

その音が聞こえた日は、確かに救急車がサイレンを鳴らしながら学校に来くることが何度もあった。

入校して初めてその音が聞こえてきた日、教官はその訓練のことについて教えてくれた

“警察学校でもっとも過酷だと恐れられる訓練。初訓練後の率直な感想を言うと” の続きを読む

公務員志望者は森友学園問題や学校のいじめ問題から採用試験で合格できる人物像を学ぶべき(有料記事)

公務員志望者は森友学園問題や学校のいじめ問題から採用試験で合格できる人物像を学ぶべき(有料記事)

一部抜粋
国民感覚の「正しい」と公務員の「正しい」はちがう。面接では公務員にとっての正しい人物であることが必要
公務員に好かれなくては公務員にはなれない
公務員幹部が欲しい人物と、市民が望む公務員は異なる

あの大社会学者も言っているように公務員(官僚)には大きな弊害がある↓

しかし、公務員になりたいなら面接では公務員色に染まりそうな人物と思われなくてはならない

公務員志望者は、必ず読んでおくべき必読書です

面接でも聞かれます

「公務員と民間企業のちがいはなんだと思いますか?」

「公務員としての心構えを述べて下さい」

まずはこの本で、公務員とはなんなのかを学んでおくべき

 

公務員のメリット・デメリットをまとめてみた

私は今まで数回転職しています

そのうちの一回は警察官で公務員です

公務員は一部の人たちからはまだまだ人気が高いです

結婚相手にしたい職業でも常にトップか上位(これからは落ちていくでしょうけど)

倒産がない、給料が着実に増える⇒安定している

こういうことをよく言われます

実際、公務員になるとどんないいことがあるのか

また逆にデメリットは何か

一部をまとめてみます

“公務員のメリット・デメリットをまとめてみた” の続きを読む

バレンタインのプレゼントにも!欲しかったGravevault (グレイブボールト)のパンツ買った!着用して見たら想像以上の肌触り

触り心地がまったく違うと聞いて、ずっと欲しかったパンツ。

パンツのくせに価格が4~5千円もするため、中々手が出せなかったのですが、どうしても欲しかった

その理由は、自分にとって着心地がいいからだけじゃないんです。

もう一つ重要な理由がある

本日届きましたので、さっそく本音レビューを

“バレンタインのプレゼントにも!欲しかったGravevault (グレイブボールト)のパンツ買った!着用して見たら想像以上の肌触り” の続きを読む

警察の労働環境はブラックか ①休日でも心休まる時がない

非常招集の時だけじゃない。休日に襲来する職場からの電話

警察官だった時に、特に嫌だったのが休日に掛かってくる職場からの電話でした

こいつは本当にいつ来るかわからない

デート中、深夜の熟睡中、こどもに絵本を読んでいる時、

中でもひどかったのが、新婚旅行から帰国して、空港で荷物受け取りを待っている時に掛かってきた時もありました

あれは、完全に私が帰国する瞬間を狙っての電話でした

しかもその要件がこれまたひどい・・・

“警察の労働環境はブラックか ①休日でも心休まる時がない” の続きを読む

妻や夫、親など身近な人にほど思いを伝えられない。それが少しだけできるようになる生き方

親、妻、夫。

毎日のように一緒にいる相手ほど、思いを言葉で伝えられない。

「いつもありがとう」

「愛してる」

「さっきはごめん」

言われた方は嬉しいし、言えれば間違いなくいいことしかない

でも、照れ臭かったり、嫌なことを言われた時のことを思い出したり、いろんな感情が邪魔して言えない

私もかなり言えない方です

でも、それが少しだけ言えるように変わることができた方法がありました

“妻や夫、親など身近な人にほど思いを伝えられない。それが少しだけできるようになる生き方” の続きを読む