金を払ってもらう方がだけが「ありがとうございました」と言うのが当然という感覚はおかしい

よく行くお気に入りのラーメン屋さんでラーメンを食べてる時。

注文の後ラーメンが出てくるまでの間、従業員の人が帰っていくお客さんたちに「ありがとうございました」と言っているのが何度か耳に入ってきた

ふと「これっておかしくないか?」と思った。

“金を払ってもらう方がだけが「ありがとうございました」と言うのが当然という感覚はおかしい” の続きを読む

こちら駅前交番。本日も事案多発中(夜の部)

前回の記事→こちら駅前交番。本日も事案多発中(昼の部)

朝から始まった交番勤務は日没を過ぎて20時を回った。

しかし、長い24時間勤務はようやくここで折り返し

むしろ大変なのはここからだ

夜になると、通報件数自体は減るが、粗暴犯や凶悪犯など、業務負担の重い事案の発生が増える。

高校生の万引き処理をしていた日中とは、町はちがう顔を見せ始める

交番警察官にとって大変な仕事が増えるのは、この後半からだ

今日は無事に仮眠を取れるだろうか、それとも徹夜になるのか

明日の夜勤明けの夕方には彼女とデートの約束がある

それをキャンセルしなくてはならないような事案は発生しないでくれ

そんなことを思いながら、夕食の弁当を買って交番に戻ると、食べる前に110番が入った

「自動車盗の通報」

やれやれ、自動車盗は窃盗事件の中でも大型の盗難事件だ。今から現場に行って、夕飯は早くても22時かな

現場に向かった “こちら駅前交番。本日も事案多発中(夜の部)” の続きを読む

こちら駅前交番。本日も事案多発中(昼の部)

交番警察官の仕事って実際どんなことをするのか

私は交番勤務を約3年間やりましたので、その経験に基づいて、架空の交番勤務を描いてみました

ただし、交番勤務は毎回必ず業務内容が変わります

なぜかというと、その日その日で飛び込んでくる110番通報の内容は違うからです

今回記事で作成したのは、私の経験上、よくあるもの、ありがちなものを選んだものです。

この記事には出てこない業務もまだまだあります。

また、交番の立地によっても業務内容はかなり異なります

駅前交番、住宅街の交番、幹線道路沿いの交番。他にもいろんな立地の交番があり、それぞれよく扱う事案は異なります。

今回の記事では、私がもっとも長く勤務した大型駅前の交番勤務で想定しました。

東京駅や京都駅、大阪駅など、かなり大型の駅前交番を想像して下さい

事案も多く、人手が必要な交番であるため、交番に配置された勤務員は4人。

交番長の警部補一人、巡査部長一人、巡査二人 という構成にします。

そのため、ストリートライブの苦情や万引きな事件などが起こりますが、これらは住宅街や幹線道路沿いの交番ではほとんどの発生しないものです。

これらを踏まえて、実際の交番の仕事、勤務とはどんなものかを感じてもらえるように記事にしてみました

まず、今回は日中の時間帯まで

夜間帯は次回の記事で作成します

“こちら駅前交番。本日も事案多発中(昼の部)” の続きを読む

瀧本哲史著「ミライの授業」は子を持つ親は必読の良書

私は子育ての本は100冊以上読んできました

その中で、大当たり!といえるAクラスの本に出会えるのは、10冊に1冊あるかないか

今回、久しぶりにAランク書に出会いました

それがこの本
ミライの授業

多くの人が思ったことがある疑問

「なんでやりたくもない勉強をする必要があるのか?」

この答えになりそうなヒントを、多くの偉人たちの生き方や業績から教えてくれる本です

本の中では「14歳の君たちへ」、と書かれていますが、こどもが小学校3~4年生くらいで読んでも充分いいと思いました

子を持つ親はぜひ一緒の読んでおいた方がいいAランクの本です

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミライの授業 [ 瀧本哲史 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/3/18時点)

 

 

警察官は結婚式の披露宴で必ず制服は着るのか。

警察官のように制服のある職業の人が結婚する際、結婚式の披露宴で制服を衣装として使用することがあります。

消防官や自衛官などもやるのではないでしょうか。

 

警察官の結婚式でも、お色直しの際に制服を着る人はけっこういます

今回は、結婚披露宴での制服使用について

“警察官は結婚式の披露宴で必ず制服は着るのか。” の続きを読む

300円記事「警察官になるには大学の学部は何がいいですか?」という質問への答え

警察官を目指す高校生からの質問で多いのが

「将来警察官になりたいのですが、大学はどんな学部がいいですか?」

その気持ちはよくわかります

将来のことをきちんと考えているなぁとも思います

 

私の考えをまとめました

300円の有料記事になります

「警察官を目指してます。大学の学部は何を選ぶべきですか?」という質問への答え。

凄腕女性警察官

まだ20代半ばの新人のころです。

その交番には女性警察官が一人いました。

年齢は私の2つ上くらいでしたから、彼女も年齢的には若いです

細身で長髪でメイクもしっかりしていてきれいな人でした。

しかし年齢的には私と同じくらいでも、警察官としての経験には大きな差がありました。

“凄腕女性警察官” の続きを読む