小学校入学で子どもに持たせる防犯ブザーを元警察官が本気で厳選した

子どもの小学校入学に際して、初めて防犯ブザーを買う親御さんも多いでしょう。

私も小学生の子どもを持つ親として、同じ経験をしています。

この記事では、私が子供に持たせる防犯ブザーを選んだ際の考え方と、実際にどの防犯ブザーを持たせるべきかを紹介します

“小学校入学で子どもに持たせる防犯ブザーを元警察官が本気で厳選した” の続きを読む

格安スマホにしたら毎月の携帯料金が4千円以上も安くなった

スマートフォンの料金、毎月いくらかかってますか?

家計が苦しい。もっと出費を減らしたい、と思っても中々減らせるところが見つからなくて悩むと思います

そんな家計の出費の中でも、携帯電話の料金は大きな負担になる固定費になっていませんか

スマートフォンだと毎月6千円から1万円、これが夫婦二人だと1万5千円。子どもまで使っていたら2~3万円。

かなり大きな負担です。

私も今年の5月までそうでした。

しかし、今はこれが半額以下、夫婦二人で4千円以下に減りました

“格安スマホにしたら毎月の携帯料金が4千円以上も安くなった” の続きを読む

警察学校で空飛ぶ絨毯のように舞った国旗は釣られた魚のようで、私たち警察学校生を苦しめた

警察学校では、「国旗(日の丸)」って異常なくらい神聖なものとして扱われるんですよ。

教官「いいかお前ら、国旗は国家そのものの表れだ。国家の治安を守るお前らにとって命より大切なものだと思え」

正常な感覚でとらえれば、ただの白い布切れに赤い丸がペイントされただけのものです。

しかし、警察学校では学生の基本的人権よりも大切なものとして扱われます。

この神聖なる国旗で、私が入校中前代未聞の大事故が起きたのです。

あれはまるで空飛ぶ絨毯のようだった。

“警察学校で空飛ぶ絨毯のように舞った国旗は釣られた魚のようで、私たち警察学校生を苦しめた” の続きを読む

転職で警察官を目指すなら独学なんてしてないで絶対に予備校を利用すべき3つの理由

現在別の仕事をしていて、警察官に転職したいと思っている人。

新卒組に対して転職組の人です。

転職組の人は絶対に受験予備校に通うべきです。

学費が掛かるからといって独学で合格しようとすると、逆に損をします

受験予備校というのは例えば、私も利用した高い合格実績をあげているLEC東京リーガルマインド
などです。

なぜ転職組は独学ではなく予備校を利用すべきか。

理由は3点

1 時間的に得だから

2 経済的(お金)に得だから

3 新卒組にはできない転職組だけの大きな強みだから

“転職で警察官を目指すなら独学なんてしてないで絶対に予備校を利用すべき3つの理由” の続きを読む

新卒か転職かで警察官採用試験の準備の仕方はちがう。それぞれの強みを生かせ

新卒とは、現役高校生や大学生の間に採用試験に合格して、卒業したらすぐに警察官になることです。

警察官採用試験には「高卒コース」と「大卒コース」がありますので、

高校3年生の時、または

大学4年生の時

に試験を受けて合格・内定をもらい、卒業してすぐに警察学校に入校します

 

この新卒採用組と比較対象になるのが転職組です。

転職組とは、高校又は大学を卒業した後、別の仕事に就いていて、そこから転職という形で警察官になることを目指す人たちです

 

新卒組と転職組

どっちが有利でどっちが不利とことはありません。

ただし重要なのが、試験に向けた闘い方・準備の仕方は異なるということです

なぜなら

新卒の強みを生かした試験準備

転職の強みを生かした試験準備

があるからです

では、それぞれの強みと弱みとは何か

“新卒か転職かで警察官採用試験の準備の仕方はちがう。それぞれの強みを生かせ” の続きを読む

人事配置で大卒警察官と高卒警察官で差別されることはない

先日警察官を目指しているという女性の高校生からこんな相談がきました。

相談の内容を一言でいうと

「高卒だと刑事になるには不利なのでしょうか?」

という不安です。

もしこのような不安を抱えている高卒志望者が他にもいたら、その不安に対する答えを知っておいてもらいたいと思いこの記事を作っておくことにしました

“人事配置で大卒警察官と高卒警察官で差別されることはない” の続きを読む

民間警備員の交通整理と警察官による交通整理は似ているようでまったく別物

工事現場や駐車場出入り口などによくいる民間警備会社の交通整理員

この交通整理員が、

「どうぞ進んでください」

と指示をした

指示通り車を進めたら、車が来ていて衝突した

この場合、事故の責任は交通整理員が負うと思っている人いませんか?

それはちがいます。

警察官が行う交通整理の指示と、民間の警備員が行う交通整理はまったく別物です

“民間警備員の交通整理と警察官による交通整理は似ているようでまったく別物” の続きを読む

警察官採用試験の面接でもっとも重要な志望動機。他の受験者に差をつけるためにまずはやるべき2つのこと

どんな仕事でも、採用面接で必ず聞かれるのが志望動機

警察官であれば、「なぜ警察官になりたいのか」が志望動機です。

面接官がもっとも知りたいところで、合否判定に大きく左右します

しかし、実際考えようとすると志望動機はかなり難しい。

考えれば考えるほど、自分のことなのによくわからなくなってきませんか?

なぜ自分は警察官になりたいのか

なんとなくはわかるけど、それを順序立てて言語し、相手にわかりやすく伝えるとなると、これがかなり難しい

そこで、志望動機を考える上でまず必要なことを2点に絞って考えてみましょう

一点目は、警察官になって何をしたいか

二点目は、そう思った理由

 

志望動機で悩んでいる人は、まずこの2点から考えてみましょう

まずはこの2点がしっかり固まらないと、面接で合格する志望動機はできあがりません

逆にこの2点さえ固まれば、そこに細かいことを付け足したり、逆に不要な部分を削ぎ落したりするだけです。

志望動機で悩んでいる人は、この記事を読んで、まずはこの2点から固めてみて下さい

“警察官採用試験の面接でもっとも重要な志望動機。他の受験者に差をつけるためにまずはやるべき2つのこと” の続きを読む

最近の警察ツイートお気に入り4選

これは想像以上の「状態」

パトカーでコンビニに買い物に行くとクレーム入れるバカがいるのはどこの国だっけ?あ、日本だ。

警察官辞めたいけど「警察辞めたら他に職はないぞ」という幹部の言葉はまったく信じる必要がない理由

「警察官辞めたらろくな仕事はないぞ」

幹部クラスからこう言われた経験のある警察官は多いでしょう。

最初は警察学校でも言われるだろうし、現場に出てからも、署長、課長などからも言われますね

そして、それを本当に信じている若手・中堅警察官の方々がたくさんいます

警部、警視、警視正、そういう階級の人たちが言うことは絶対に正しいと思ってしまいますよね

 

仕事がきつくて限界

こどもと過ごせる時間がまったくない

もう警察官を辞めたい

そう思っても、この言葉を信じて辞められない人も多いはずです

でも、はっきり断言しておきます

「警察官辞めたらろくな仕事はない」

これは信じてはいけません

なぜか

この記事を読んでもらえればその不安はなくなります。

この言葉を信じて、本当は辞めたいのに辞められずに悩んでいる人は、不安がひとつ消えるのでぜひ読んでいって下さい

“警察官辞めたいけど「警察辞めたら他に職はないぞ」という幹部の言葉はまったく信じる必要がない理由” の続きを読む