夜勤中の深夜に彼女から届いた意味不明なメール。それは彼女の必死の願いだった

その日は交番で夜勤でした。

夜中の3時頃から仮眠に入り、起きたのが6時半頃。

目を覚まして携帯電話を見ると、当時付き合っていた彼女からメールが来ていました

しかしその内容が意味不明。

なんだこれ?送信先間違えたのかなと思いましたが、それは間違いなく私に送信されたものでした。

彼女から送信されたメール文は

ねーちがうよね。お願いだよ。絶対いやだよ

これだけでした

“夜勤中の深夜に彼女から届いた意味不明なメール。それは彼女の必死の願いだった” の続きを読む

卒業旅行どこ行く?私の一番お気に入りのスキー場「舞子高原」がおすすめ

私はスキーが好きで、こどもが生まれるまでは、ほぼ毎年スキーに行っていました

妙高高原や上越国際、雫石、北海道は富良野など、まぁ相当行きました

今回は私のもっともお気に入りのスキー場と宿泊先を紹介します

それは新潟県の舞子高原スキー場と舞子高原ホテルです。

妙高や苗場もかなりよかったのですが、私は舞子の方がいいですね

“卒業旅行どこ行く?私の一番お気に入りのスキー場「舞子高原」がおすすめ” の続きを読む

警察学校の実務研修で警部補から言われた衝撃の一言。たかが階級にそんな価値はない

警察学校の時に実務研修というのがあります

10日間くらい、実際に警察署の交番勤務に入って、実戦現場を経験するのです

その実務研修に行った時、交番の警部補から言われた一言が衝撃的で唖然としたことがありました

警察官人生の中でも上位に入る言葉で、悪い意味でトップ5にはランキングしてくるほどの言葉でした

“警察学校の実務研修で警部補から言われた衝撃の一言。たかが階級にそんな価値はない” の続きを読む

(会員限定記事)初めての司法解剖の日、緊張で震える私を待っていたのはカワイイ女子大生たちの女子トークだった

警察官の壮絶な仕事のひとつが解剖です

亡くなった人の体を切り開いて調べる。

解剖の目的はいくつかありますが、もっとも重要な目的は死因の特定です

人の体を隅から隅まで徹底的に調べます

そのため時間も掛かる。

長い時は6時間以上掛かる時もある。

今回は私が初めて解剖に行った時、ビビりまくってどれだけ情けなかったかの話です。

“(会員限定記事)初めての司法解剖の日、緊張で震える私を待っていたのはカワイイ女子大生たちの女子トークだった” の続きを読む

警察官の職場異動は予測不可能なことだらけ

警察官には定期的に職場異動があります。

例えば私の場合

警察学校初任科 → 警察署地域課で交番・パトカー → 本部警備部機動隊 → 警察署刑事課

というように、約10年の間にこれだけ異動がありました。

異動はどれくらくいの周期であるのか、異動先は希望できるのかなどについての内容となります。



“警察官の職場異動は予測不可能なことだらけ” の続きを読む

警察官の勤務形態② 「日勤勤務」

先日の記事→警察官の勤務形態① 交番警察官などに多い「三交代制」

の続きで、今回はもう一つの勤務形態である「日勤勤務」についてまとめました

この日勤勤務というのは、いわゆる普通の役所や土日祝日休みの会社員と同じような勤務となります。

基本的に月曜日から金曜日の朝8時半頃から夕方5時半頃までが勤務時間です。

刑事課や交通課などが日勤勤務

前回の3交代勤務である地域課の交番やパトカー、留置管理課などを除くすべての課が日勤勤務となります。

例えば、刑事課、交通課、警務課、生活安全課、警備課、会計課などです。

また、地域課の中でも、交番やパトカー勤務員以外の、110番指令係や庶務なども日勤勤務となります。

こちらは3交代勤務とちがって、基本的には土日に加えて祝日も休みですので、ゴールデンウィークも年末年始の連休もあります。

ただ、基本的にはとしたところが重要です。

この日勤勤務は一見したところ、祝日や連休、年末年始の休みもしっかりあって三交代勤務よりよさそうです。

しかし、日勤勤務には隠された激務があります。

これが本当につらい。

日勤勤務の警察官たちに重ーい負担となっています

この内容については会員記事になります。

日勤勤務に隠された激務。それは毎月3回、つまりほぼ毎週やってくる。

細かいところを説明するともっと色々あるのですが、日勤勤務というのは、こんな感じになります。

刑事課での業務内容についてはまた別の機会に詳しくご紹介したいと思います。

(会員限定記事)初対面の女性と会って3分後に「後ろから入れるなんてムリ」さらに数分後「後ろから上手に入れるんですね」と言わせた時のこと

以前、ブログ経由で相談依頼を受けた女性と直接会って話を聞くことになりました

ブログ経由のメッセージだけでしたので、実際に会う時は初対面でした

 

待ち合せた場所は、駅から離れたそれほど一通りは多くない場所にあるカフェ。

お互い初対面だったのですが、会って数分後に私たちは↓このような会話をしていました

女性「これは入らないですよ。後ろから入れるのは絶対無理。前からでもかなりきついです」

「きついかな。後ろから入れた方が出す時に楽(らく)ですよ」

女性「私も後ろから入れるのが好きだけどこれは無理です」

私「私に任せておいて下さい

さらに数分後

私「何とか入りましたね。狭くてキツキツですね

女性「上手なんですね

 

カフェで待ち合せて、何がどうなってすぐにこうなったか。

全内容は会員限定記事で

こちら→初対面の女性と会って3分後に「後ろから入れるなんてムリ」さらに数分後「後ろからでも上手に入れるんですね」と言わせた時のこと

(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは

無線指令で、次の一文字を息をのんで待つ瞬間の話。

次の一言が「こ」なら胸をなでおろして一安心

しかし、「へ」が「か」だと重労働事案の襲来です。
“(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは” の続きを読む