警察学校の実務研修で警部補から言われた衝撃の一言。たかが階級にそんな価値はない

警察学校の時に実務研修というのがあります

10日間くらい、実際に警察署の交番勤務に入って、実戦現場を経験するのです

その実務研修に行った時、交番の警部補から言われた一言が衝撃的で唖然としたことがありました

警察官人生の中でも上位に入る言葉で、悪い意味でトップ5にはランキングしてくるほどの言葉でした

“警察学校の実務研修で警部補から言われた衝撃の一言。たかが階級にそんな価値はない” の続きを読む

警察学校は警察官になりたい人が行く学校ではありません

同じような質問がたくさん来てて、誤解している人が多いようなので記事にしておきます

たくさん来ている質問とは

「警察官になるには必ず警察学校に行かなくてはいけないのですか?」

どうやら警察学校というものを大きく誤解しているようです

警察学校は警察官になるために行く学校ではありません

“警察学校は警察官になりたい人が行く学校ではありません” の続きを読む

警察学校でもっとも過酷だと恐れられる訓練。初訓練後の率直な感想を言うと

「入校期間の後半からもっとも過酷な訓練が始まる」

警察学校に入校したばかりの頃、そんなことを教官から時々聞かされていた

その訓練が夏期に行われた場合、70%以上の確率で救急車の要請があるらしい。

 

学校でその訓練が行われている日はすぐにわかる。

学校のどこにいても音が聞こえるから

その音が聞こえた日は、確かに救急車がサイレンを鳴らしながら学校に来くることが何度もあった。

入校して初めてその音が聞こえてきた日、教官はその訓練のことについて教えてくれた

“警察学校でもっとも過酷だと恐れられる訓練。初訓練後の率直な感想を言うと” の続きを読む

警察学校の時、スーパーやコンビニの最上級品を買いまくっていた

スーパーやコンビニで売っているカップラーメンやアイスクリーム。

松・竹・梅のようなランクってありますよね

例えば、アイスクリームならハーゲンダッツは最高級、ガリガリくんはその反対

カップラーメンも100円くらいで買えるものから、300円を超える有名店の味みたいなもの

 

警察学校の時は、最上級を食べまくってました。

おそらく今までの人生で一番食べた。

週末の外出の間に、こういった最上級の品々を買いあさって警察学校に戻っていました

“警察学校の時、スーパーやコンビニの最上級品を買いまくっていた” の続きを読む

「中身よりも形」。新しい警察学校長対策のために教官が学生に指示したこと。

私が警察学校に入校していた期間、途中で学校長が異動で別の人に変わりました。

新しい学校長が来て、学校も教官たちも大混乱になりました。

それは悪い意味で。

この学校長対策のために、教官たちが私たち学生に指示した内容が本当に笑るものでしたので紹介します。

“「中身よりも形」。新しい警察学校長対策のために教官が学生に指示したこと。” の続きを読む

「警察学校有料マガジン記事」たくさんの方に購入していただいてます。ありがとうございます

この有料マガジン、公開からまだそんなに経っていませんが、予想以上に多くの方に読んでもらえた。

このマガジンは今後も記事追加していきます。

卒業試験や現場実習など、まだまだ書きたい記事がいくつもあります。

記事追加ごとに数十円単位で値上げしております。

早めの購入がお得です。

 

 

警察学校入校に持っていく印鑑は100円ショップで買うべきではない理由

警察学校の入校に当たって準備すべき物。

そのひとつが二本の印鑑です。

実は警察官というのは、仕事で大量に自分の印鑑を押印します。

被害届に実況見分、供述調書、交通反則切符、あらゆる捜査書類には、誰が作成者かわかるように、作成した警察官が印鑑を押します。

警察学校でも多くの捜査書類の作成練習をします。

つまり警察人生において、印鑑と言うのは常に使用する物のひとつなのです。

しかしこの印鑑。捜査書類に使える印鑑と使えない印鑑があります。

いわゆるシャチハタという印鑑をご存じでしょうか?
シャチハタを知らない方は、こういう物です→→使って便利!浸透印認印の二刀流!ネームエル ツインタイプ 印面既製品 シャチハタタイプ/印…

 

いわゆる↓朱肉のいらないスタンプ式の印鑑ですね↓こういうインク↓


とっても便利な物ですが、これは捜査書類には使えないんです。

このタイプの印鑑は長期間経過すると、色が褪せたり変化したりすることがあるらしいのです。

捜査書類は数十年保管される可能性もあります。そのため、捜査書類には使えない規則になっています。

捜査書類で使えるのは、朱肉を付けて使ういわゆる「三文判」の印鑑です。
こういう普通の印鑑ですね→→政府認定象牙印鑑製造直売/はんこ/実印/銀行印/横浜で実店舗販売●吉祥●本柘印鑑 13.5ミリ【…

この三文判の印鑑を何度も使うわけですが、私の経験から言えることは、その辺の100円ショップなどで購入すべきではないということです

オーダーして自分だけの三文判を作るべきです

理由は2つあります。

1点目は、印鑑を無くさないためです。

実は警察官は印鑑をよく無くします。

職場や事件事故現場でよく使うため無くすことが多いのです。

なぜ平気で無くすのか?

印鑑に愛着がなく大切に思っていないからです。

私も実際に経験があるのですが、その辺で安く買える印鑑で済ましていたところ、やはり大切にしないためよく無くしました。

しかし、ちゃんとオーダーして作った物は愛着があるので大切にします。そのため無くすことはありませんでした。結果的に、何度も無くして購入するよりも、時間的にも金銭的にもいいことばかりでした。

 

2点目は、安物の印鑑はやはり大量に押しているとものすごく疲れるとういことです。
警察官が押印する印鑑の回数は一日に数百回になることもあります。

それだけ大量に繰り返す押印を安物の印鑑で行うと、親指や人差し指がかなり痛くなってきます。痛みで印鑑を押せなくなることもありました

しかし、自分で太さや素材を選んだ印鑑はちがいます。疲労や痛みがまったく違います。

この2つの理由から、警察学校入校が決まっている方は、絶対にオーダー印鑑を作るべきです。

オーダー印鑑は確かに安くありません。しかし、ネット購入だと実店舗で買うよりずっと安く買えます。

有名なネットショップには、
・はんこの専門店「ハンコヤストアドットコム
・印影プレビューを見ながら注文できる!印鑑の匠ドットコム

などがあります。

私がオーダー注文に利用したのはハンコヤストアドットコム
の方です。価格が安いのもいいのですが、それだけでなく、素材の種類やサイズも豊富で、また自分に合ったサイズを作るのにとても親切にアドバイスをもらえます。注文してからの発送、到着までも早かったです。
印鑑ショップはいくつも比較してよく調べましたが、ハンコヤストアドットコム
は、品揃え、価格、対応などすべての面で一番でした。

警察官になったら数十年使い続ける大切なものです。ちょっと使って使い捨てではなく、オーダーで作って持つべきだと思います。

それから先ほど出てきたシヤチハタ…印鑑ですが、実はこれも一本持っておくことが必要です

捜査書類には使えないと説明しました。しかし、捜査書類以外には使えます。警察官が印鑑を使用するのは捜査書類だけではありません。大量の行政文書や内部書類にも印鑑を押さなければなりません。

こういった書類にはシャチハタ印鑑が使用可能です。大量に押すのであればやはりシャチハタはものすごく便利です。いちいち押すたびに朱肉をつけなくていいのですから。

このシャチハタ式スタンプ印鑑についても、「ハンコヤストアドットコム」
のサイトの中段あたりにある「スタンプ・ゴム印」というところから注文できます。スタンプ印鑑は実店舗で買うと結構値段が高いのですが、「ハンコヤストアドットコム」
で購入するとずっと安く買えるのでお勧めです。

自分だけの「三文判印鑑」と「スタンプ式印鑑」
警察学校に入る前には、この二本を必ず購入していって下さい

警察学校に持っていくもので「寝具」は借金してでも高品質な物を持っていくべき理由

警察学校には寝具一式を持っていかなくてはなりません。

敷き布団に掛け布団、枕などですね

この持ち込む布団ですが、ほとんどの人が一式新しく買いそろえないといけません

なぜなら自宅で使っている物を持っていってしまうと、入校中に自宅に帰ってきた時に寝る布団がなくなってしまうからです。

ですので、多くの人が一式新たに揃えることになると思います。

ここで警察学校を卒業した者として絶対に伝えておきたいこと

寝具は借金してでもも、高品質のものを持っていきましょう

なぜ警察学校では寝具がそれほど重要なのか “警察学校に持っていくもので「寝具」は借金してでも高品質な物を持っていくべき理由” の続きを読む