現職では言えない警察官から市民への本音のお願い 其の1~10

警察官が市民に知っておいてほしい本音、

でも公式な警察の立場としては言えない本音を、元警察官がまとめてみました。

今回は其の1~10まで。今後も一定のネタをまとめられたら追って続報としたい。

“現職では言えない警察官から市民への本音のお願い 其の1~10” の続きを読む

もし警察官がけん銃を構えている現場に遭遇してしまったら、すべきこと、してはいけないこと

あなたのいつもの日常を少し想像して下さい

人通りの多い駅前を歩いている

ショッピングモールで買い物をしている

住宅街を歩いている

 

もしその時突然大きな声で

武器をすてろ!!

という声がして、その方向を見たら警察官がけん銃を構えていて、その先には刃物をもった相手がいる。

そんな現場に居合わせてしまった時、どうしたらいいか。

やるべきことと

やってはいけないこと

があります。

今回はあなたがたまたま、警察官がけん銃をしなくてはならない現場に居合わせてしまった時にどうしたらいいか、というほとんどの人にとって一生に一回もないような時のための記事です

“もし警察官がけん銃を構えている現場に遭遇してしまったら、すべきこと、してはいけないこと” の続きを読む

夜勤中の深夜に彼女から届いた意味不明なメール。それは彼女の必死の願いだった

その日は交番で夜勤でした。

夜中の3時頃から仮眠に入り、起きたのが6時半頃。

目を覚まして携帯電話を見ると、当時付き合っていた彼女からメールが来ていました

しかしその内容が意味不明。

なんだこれ?送信先間違えたのかなと思いましたが、それは間違いなく私に送信されたものでした。

彼女から送信されたメール文は

ねーちがうよね。お願いだよ。絶対いやだよ

これだけでした

“夜勤中の深夜に彼女から届いた意味不明なメール。それは彼女の必死の願いだった” の続きを読む

(会員限定記事)初めての司法解剖の日、緊張で震える私を待っていたのはカワイイ女子大生たちの女子トークだった

警察官の壮絶な仕事のひとつが解剖です

亡くなった人の体を切り開いて調べる。

解剖の目的はいくつかありますが、もっとも重要な目的は死因の特定です

人の体を隅から隅まで徹底的に調べます

そのため時間も掛かる。

長い時は6時間以上掛かる時もある。

今回は私が初めて解剖に行った時、ビビりまくってどれだけ情けなかったかの話です。

“(会員限定記事)初めての司法解剖の日、緊張で震える私を待っていたのはカワイイ女子大生たちの女子トークだった” の続きを読む

(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは

無線指令で、次の一文字を息をのんで待つ瞬間の話。

次の一言が「こ」なら胸をなでおろして一安心

しかし、「へ」が「か」だと重労働事案の襲来です。
“(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは” の続きを読む

警察官として危険察知能力が身についてきたことを確信した出来事

元警察官@motokeisatuです

警察学校を卒業して交番勤務になり、二年くらい経った時のこと。

長い夜勤を終えて朝を迎え、さらにそこから7時間残業をして、ようやく退勤できたのが16時頃

ほぼ半同棲していた(職場には無許可)彼女の家に向かって電車に乗り込んだ。

電車に乗ってすぐだった。

携帯電話の着信音が鳴った・・。

ポケットから電話を取り出して、画面を見ると職場の警察署からと表示。

なんだかすごーく嫌な予感がした。

言葉では説明できないけど、この電話に出ても自分にとって何一ついいことはないという予感がした。

 

しかし、電車の中であっても、電話に出ないとキチガイのようにキレる幹部もいる。

画面には署の番号しか表示されないため、電話を掛けてきているのが誰かまでは特定できない。

どうするか・・・。

迷った。 “警察官として危険察知能力が身についてきたことを確信した出来事” の続きを読む

警察官の勤務形態① 交番警察官などに多い「三交代制」

元警察官@motokeisatuです

警察官は部署(地域課・交通課・刑事課など)や配属先(警察署や本部)によって勤務形態が二つに分かれます

3交代勤務

日勤勤務

ふたつです

今回は3交代勤務とはどのような勤務形態なのかについて紹介します


“警察官の勤務形態① 交番警察官などに多い「三交代制」” の続きを読む

警察官になりたい人が抱える不安に答える。三回目は「警察官になったら死体を見るのは避けられないの?」

元警察官@motokeisatuです

警察官医師葬儀屋と並んで死体と対面することが多い仕事です

警察官になりたい人の中には、「死体なんて絶対無理!」という不安を抱えている人もいると思います

自分がやりたいのは白バイであって死体はやりたくない。でも警察官になったらやっぱり避けられないの?

そんな思いの人もいると思います

警察官になったら死体は避けて通れないのか

その不安に対しての実態です。

“警察官になりたい人が抱える不安に答える。三回目は「警察官になったら死体を見るのは避けられないの?」” の続きを読む