新卒か転職かで警察官採用試験の準備の仕方はちがう。それぞれの強みを生かせ

新卒とは、現役高校生や大学生の間に採用試験に合格して、卒業したらすぐに警察官になることです。

警察官採用試験には「高卒コース」と「大卒コース」がありますので、

高校3年生の時、または

大学4年生の時

に試験を受けて合格・内定をもらい、卒業してすぐに警察学校に入校します

 

この新卒採用組と比較対象になるのが転職組です。

転職組とは、高校又は大学を卒業した後、別の仕事に就いていて、そこから転職という形で警察官になることを目指す人たちです

 

新卒組と転職組

どっちが有利でどっちが不利とことはありません。

ただし重要なのが、試験に向けた闘い方・準備の仕方は異なるということです

なぜなら

新卒の強みを生かした試験準備

転職の強みを生かした試験準備

があるからです

では、それぞれの強みと弱みとは何か

“新卒か転職かで警察官採用試験の準備の仕方はちがう。それぞれの強みを生かせ” の続きを読む

人事配置で大卒警察官と高卒警察官で差別されることはない

先日警察官を目指しているという女性の高校生からこんな相談がきました。

相談の内容を一言でいうと

「高卒だと刑事になるには不利なのでしょうか?」

という不安です。

もしこのような不安を抱えている高卒志望者が他にもいたら、その不安に対する答えを知っておいてもらいたいと思いこの記事を作っておくことにしました

“人事配置で大卒警察官と高卒警察官で差別されることはない” の続きを読む

警察官の仕事(1)

警察官の仕事といっても各部・各課によって仕事の内容は全然ちがいます。

↓例えばこちらは警視庁の組織図です↓
警視庁ホームページ

警務部、刑事部、交通部・・・・・・

それぞれ仕事内容はまったく別物です。

警察組織には大きくわけて、「本部」と「各警察署」があります。

本部の中に「地域」「刑事」「交通」「生活安全」などの各部があります。さらに各警察署の中にも「地域課」「刑事課」「生活安全課」などの各課があります。

私が経験したのは警察署地域課の交番・パトカー、刑事課、本部警備部の機動隊等です。

次回から、各部署、各課の仕事内容について取り扱っていきます。

関連記事

警察官の仕事(2)「地域部・地域課」(交番・パトカー等)

警察官の仕事(3)「交通部」(白バイ、取り締まり、事故捜査など)

警察官の仕事(4)「刑事部・刑事課」

警察官の仕事(5)生活安全部・警備部・総警務

 

早く確実に警察官採用試験に合格する方法は二ヶ月バイトして学校に通うこと

警察官を目指してこれから採用試験を受ける、
警察官採用試験を受けているが合格できない

そんな方々へ。

もっとも効率よく最短で確実に合格する方法です。

受験対策学校で3か月プロの指導を受ける
学費がないなら2か月集中してアルバイト

これが半年間で合格するもっとも確実な方法です “早く確実に警察官採用試験に合格する方法は二ヶ月バイトして学校に通うこと” の続きを読む