警察官の階級とは何か

警察官には一人ひとり必ず階級が付けられます

ひとり一人に序列関係が付けられます

君はこの人より下で、この人より上だよ

 

階級の名称を下から順にあげていくと

巡査 ⇒(巡査長)
巡査部長
警部補
警部
警視
警視正
警視長
警視監
警視総監

となります

 

私のように各都道府県警の警察官(地方公務員)になった場合は、巡査から始まります

上の階級に上がるには、内部で行われる昇任試験で合格することが必要です。

時々、昇任試験とは別の特例ルートで承認する場合もありますが、基本的には昇任試験によって、階級を上げていくことができます

この階級の意味や、それぞれの階級の組織での位置づけなどについて紹介します

“警察官の階級とは何か” の続きを読む