警察官採用試験の面接でもっとも重要な志望動機。他の受験者に差をつけるためにまずはやるべき2つのこと

どんな仕事でも、採用面接で必ず聞かれるのが志望動機

警察官であれば、「なぜ警察官になりたいのか」が志望動機です。

面接官がもっとも知りたいところで、合否判定に大きく左右します

しかし、実際考えようとすると志望動機はかなり難しい。

考えれば考えるほど、自分のことなのによくわからなくなってきませんか?

なぜ自分は警察官になりたいのか

なんとなくはわかるけど、それを順序立てて言語し、相手にわかりやすく伝えるとなると、これがかなり難しい

そこで、志望動機を考える上でまず必要なことを2点に絞って考えてみましょう

一点目は、警察官になって何をしたいか

二点目は、そう思った理由

 

志望動機で悩んでいる人は、まずこの2点から考えてみましょう

まずはこの2点がしっかり固まらないと、面接で合格する志望動機はできあがりません

逆にこの2点さえ固まれば、そこに細かいことを付け足したり、逆に不要な部分を削ぎ落したりするだけです。

志望動機で悩んでいる人は、この記事を読んで、まずはこの2点から固めてみて下さい

“警察官採用試験の面接でもっとも重要な志望動機。他の受験者に差をつけるためにまずはやるべき2つのこと” の続きを読む

警察官試験の勉強を始める前に確認しておくべきこと。あたなはどれだけ努力しても警察官になれない人ではないですか?

警察官になりたいと思っている人。

警察官になるにはいくつか条件があります

その条件を全て満たしていないと、採用試験を受験できない、あるいは受験しても絶対に合格できません。

もし、それを知らずに先に受験勉強を始めてしまい、いざ受験となってから知ったということになれば、その時間と労力は完全なムダになります

そこで今回は、受験勉強を始める前に先に確認しておくべきこと4項目を紹介します

自分はそもそも警察官になれない人ではないのか、確実に確認しておきましょう

 

こちらのページ→警視庁警察官の募集ページ

を例に確認していきましょう。

各都道府県によって、若干のちがいがあるので、必ず受験を希望する各都道府県ごとに確認して下さい

“警察官試験の勉強を始める前に確認しておくべきこと。あたなはどれだけ努力しても警察官になれない人ではないですか?” の続きを読む

警察官になるにはどうすればいいのか。必要な情報を一記事にまとめました

警察官になりたいと思っている人のために、必要な情報を1記事にまとめました

この記事を読めば、最低限必要な情報はすべてわかります

“警察官になるにはどうすればいいのか。必要な情報を一記事にまとめました” の続きを読む

300円記事「警察官になるには大学の学部は何がいいですか?」という質問への答え

警察官を目指す高校生からの質問で多いのが

「将来警察官になりたいのですが、大学はどんな学部がいいですか?」

その気持ちはよくわかります

将来のことをきちんと考えているなぁとも思います

 

私の考えをまとめました

300円の有料記事になります

「警察官を目指してます。大学の学部は何を選ぶべきですか?」という質問への答え。

警察官になりたい人が抱える不安に答える。三回目は「警察官になったら死体を見るのは避けられないの?」

元警察官@motokeisatuです

警察官医師葬儀屋と並んで死体と対面することが多い仕事です

警察官になりたい人の中には、「死体なんて絶対無理!」という不安を抱えている人もいると思います

自分がやりたいのは白バイであって死体はやりたくない。でも警察官になったらやっぱり避けられないの?

そんな思いの人もいると思います

警察官になったら死体は避けて通れないのか

その不安に対しての実態です。

“警察官になりたい人が抱える不安に答える。三回目は「警察官になったら死体を見るのは避けられないの?」” の続きを読む

警察官になりたい人が抱える不安に答える。二回目は「柔道・剣道の経験がなくても大丈夫?」

警察官になると、必ず柔道剣道のどちらかをやらされます

警察学校に入るとどちらをやるか必ず選択しなければいけません

警察学校を卒業して現場に出てからも、定期的に柔剣道の訓練はあります

また、警察柔道大会とか剣道大会なんてものも時々行われます

 

これから警察官になろうという人の中には、柔道・剣道の経験がないとやっていけないのだろうか、と不安になる人がいるようです

実際どうなのか

経験がないことで不利益を受けたり、経験があることで何かアドバンテージがあったりするのか

今回もまず結論から

“警察官になりたい人が抱える不安に答える。二回目は「柔道・剣道の経験がなくても大丈夫?」” の続きを読む

警察学校は警察官になりたい人が行く学校ではありません

同じような質問がたくさん来てて、誤解している人が多いようなので記事にしておきます

たくさん来ている質問とは

「警察官になるには必ず警察学校に行かなくてはいけないのですか?」

どうやら警察学校というものを大きく誤解しているようです

警察学校は警察官になるために行く学校ではありません

“警察学校は警察官になりたい人が行く学校ではありません” の続きを読む

自己分析・自己PRは悩んでも時間のムダ。

就職・転職を考えている人が必ずぶち当たる悩みが「自分に向いている仕事がわからない」。

 

職種・業種・勤務形態

いろいろあり過ぎて自分にはどれがいいかなんて簡単にはわかりません

しかし、人生を左右する大きな決断です

勇気がいるし、簡単に決められることではない

でも、順番が間違ってませんか?

たくさんの求人票を見る前に、先にやることがあるはず

相手を知る前に自分を知ることです

“自己分析・自己PRは悩んでも時間のムダ。” の続きを読む

公務員志望者は森友学園問題や学校のいじめ問題を知れば、採用試験で合格できる人物像がわかるはず(有料記事)

公務員志望者は森友学園問題や学校のいじめ問題から採用試験で合格できる人物像を学ぶべき(有料記事)

一部抜粋
国民感覚の「正しい」と公務員の「正しい」はちがう。面接では公務員にとっての正しい人物であることが必要
公務員に好かれなくては公務員にはなれない
公務員幹部が欲しい人物と、市民が望む公務員は異なる

あの大社会学者も言っているように公務員(官僚)には大きな弊害がある↓

しかし、公務員になりたいなら面接では公務員色に染まりそうな人物と思われなくてはならない

公務員志望者は、必ず読んでおくべき必読書です

面接でも聞かれます

「公務員と民間企業のちがいはなんだと思いますか?」

「公務員としての心構えを述べて下さい」

まずはこの本で、公務員とはなんなのかを学んでおくべき

 

公務員のメリット・デメリットをまとめてみた

私は今まで数回転職しています

そのうちの一回は警察官で公務員です

公務員は一部の人たちからはまだまだ人気が高いです

結婚相手にしたい職業でも常にトップか上位(これからは落ちていくでしょうけど)

倒産がない、給料が着実に増える⇒安定している

こういうことをよく言われます

実際、公務員になるとどんないいことがあるのか

また逆にデメリットは何か

一部をまとめてみます

“公務員のメリット・デメリットをまとめてみた” の続きを読む