こちら駅前交番。本日も事案多発中(夜の部)

前回の記事→こちら駅前交番。本日も事案多発中(昼の部)

朝から始まった交番勤務は日没を過ぎて20時を回った。

しかし、長い24時間勤務はようやくここで折り返し

むしろ大変なのはここからだ

夜になると、通報件数自体は減るが、粗暴犯や凶悪犯など、業務負担の重い事案の発生が増える。

高校生の万引き処理をしていた日中とは、町はちがう顔を見せ始める

交番警察官にとって大変な仕事が増えるのは、この後半からだ

今日は無事に仮眠を取れるだろうか、それとも徹夜になるのか

明日の夜勤明けの夕方には彼女とデートの約束がある

それをキャンセルしなくてはならないような事案は発生しないでくれ

そんなことを思いながら、夕食の弁当を買って交番に戻ると、食べる前に110番が入った

「自動車盗の通報」

やれやれ、自動車盗は窃盗事件の中でも大型の盗難事件だ。今から現場に行って、夕飯は早くても22時かな

現場に向かった “こちら駅前交番。本日も事案多発中(夜の部)” の続きを読む

こちら駅前交番。本日も事案多発中(昼の部)

交番警察官の仕事って実際どんなことをするのか

私は交番勤務を約3年間やりましたので、その経験に基づいて、架空の交番勤務を描いてみました

ただし、交番勤務は毎回必ず業務内容が変わります

なぜかというと、その日その日で飛び込んでくる110番通報の内容は違うからです

今回記事で作成したのは、私の経験上、よくあるもの、ありがちなものを選んだものです。

この記事には出てこない業務もまだまだあります。

また、交番の立地によっても業務内容はかなり異なります

駅前交番、住宅街の交番、幹線道路沿いの交番。他にもいろんな立地の交番があり、それぞれよく扱う事案は異なります。

今回の記事では、私がもっとも長く勤務した大型駅前の交番勤務で想定しました。

東京駅や京都駅、大阪駅など、かなり大型の駅前交番を想像して下さい

事案も多く、人手が必要な交番であるため、交番に配置された勤務員は4人。

交番長の警部補一人、巡査部長一人、巡査二人 という構成にします。

そのため、ストリートライブの苦情や万引きな事件などが起こりますが、これらは住宅街や幹線道路沿いの交番ではほとんどの発生しないものです。

これらを踏まえて、実際の交番の仕事、勤務とはどんなものかを感じてもらえるように記事にしてみました

まず、今回は日中の時間帯まで

夜間帯は次回の記事で作成します

“こちら駅前交番。本日も事案多発中(昼の部)” の続きを読む

「ブログの印象だと冷たそうな人だと思ってました」と言われる。正体はどっちだ?

ブログを通じて知り合いになった人から言われるのが

ブログで想像していた印象とちがうということ

具体的には

「冷たそうな人だと思った」「もっと怖そうな人だと思った」。

と言われます。

“「ブログの印象だと冷たそうな人だと思ってました」と言われる。正体はどっちだ?” の続きを読む

彼女から届いた意味不明なメール。その意味がわかった時、何か贈り物をしたくなった

その日は交番で夜勤でした。

夜中の3時頃から仮眠に入り、起きたのが6時半頃。

目を覚まして携帯電話を見ると、当時付き合っていた彼女からメールが来ていました

しかしその内容が意味不明。

なんだこれ?送信先間違えたのかなと思いましたが、それは間違いなく私に送信されたものでした。

彼女から送信されたメール文は

ねーちがうよね。お願いだよ。絶対いやだよ

これだけでした

“彼女から届いた意味不明なメール。その意味がわかった時、何か贈り物をしたくなった” の続きを読む

累進課税・所得の再分配は国家による奴隷制だ。マイケルサンデル教授の政治哲学の講義。第二話はリバタリアン。

先日の記事→サバイバル殺人は正しいのか?ハーバード大学サンデル教授の政治哲学の講義が最高におもしろい

で紹介したハーバード大学マイケル教授の政治哲学の授業

2話もとてもおもしろかったので、今回も議論のお題を紹介してみます

今回は短めにサクッと

今回のテーマはリバタリアン(リバタリアニズム)です。

リバティは自由ですので、自由主義ですね。

 

累進課税は国家による盗みだ

シートベルトを着用するかどうか、つまり自分の身を守るかどうかは個人の自由であり、それを国家が法律で強制することは、個人の自由の侵害ではないでしょうか

年金制度も同じことがいえます。 “累進課税・所得の再分配は国家による奴隷制だ。マイケルサンデル教授の政治哲学の講義。第二話はリバタリアン。” の続きを読む

警察学校の実務研修で警部補から言われた衝撃の一言。たかが階級にそんな価値はない

警察学校の時に実務研修というのがあります

10日間くらい、実際に警察署の交番勤務に入って、実戦現場を経験するのです

その実務研修に行った時、交番の警部補から言われた一言が衝撃的で唖然としたことがありました

警察官人生の中でも上位に入る言葉で、悪い意味でトップ5にはランキングしてくるほどの言葉でした

“警察学校の実務研修で警部補から言われた衝撃の一言。たかが階級にそんな価値はない” の続きを読む

警察官の職場異動は予測不可能なことだらけ

警察官には定期的に職場異動があります。

例えば私の場合

警察学校初任科 → 警察署地域課で交番・パトカー → 本部警備部機動隊 → 警察署刑事課

というように、約10年の間にこれだけ異動がありました。

異動はどれくらくいの周期であるのか、異動先は希望できるのかなどについての内容となります。



“警察官の職場異動は予測不可能なことだらけ” の続きを読む

(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは

無線指令で、次の一文字を息をのんで待つ瞬間の話。

次の一言が「こ」なら胸をなでおろして一安心

しかし、「へ」が「か」だと重労働事案の襲来です。
“(会員限定記事)無線指令で息をのんで次の一言を待つ瞬間。「こ」なら胸をなでおろし、「へ」と「か」は頭を抱えるその理由とは” の続きを読む

警察官として危険察知能力が身についてきたことを確信した出来事

元警察官@motokeisatuです

警察学校を卒業して交番勤務になり、二年くらい経った時のこと。

長い夜勤を終えて朝を迎え、さらにそこから7時間残業をして、ようやく退勤できたのが16時頃

ほぼ半同棲していた(職場には無許可)彼女の家に向かって電車に乗り込んだ。

電車に乗ってすぐだった。

携帯電話の着信音が鳴った・・。

ポケットから電話を取り出して、画面を見ると職場の警察署からと表示。

なんだかすごーく嫌な予感がした。

言葉では説明できないけど、この電話に出ても自分にとって何一ついいことはないという予感がした。

 

しかし、電車の中であっても、電話に出ないとキチガイのようにキレる幹部もいる。

画面には署の番号しか表示されないため、電話を掛けてきているのが誰かまでは特定できない。

どうするか・・・。

迷った。 “警察官として危険察知能力が身についてきたことを確信した出来事” の続きを読む

ナンパも職質も知らない人に声をかけるということでは同じ。なぜ職質はできたのにナンパはできなかったのか

大型駅前の交番に勤務していた時、23時を過ぎると未成年を探しては少年補導をしていました。

“ナンパも職質も知らない人に声をかけるということでは同じ。なぜ職質はできたのにナンパはできなかったのか” の続きを読む