新卒ストレートで警察官になるのはやめた方がいい理由

こんにちは

警察官を約10年務めて退職した元警察官・ケイです

今回の記事は、警察官を目指している高校生や大学生に伝えたいことです

それは「高校や大学を卒業してストレートで警察官になるのは止めた方がいい」

ということです。

今あなたは高校や大学を卒業して早く警察官になりたいと思っているかもしれません

その熱い思いはとても素敵です

でも、高校や大学を卒業してそのまますぐに警察官になるのはやめた方がいいのです。

一度別の仕事を経験してから警察官になりましょう

 

その理由をこの記事でお伝えします

なぜ新卒ストレートで警察官になるのはやめた方がいいのか

それは警察官からの転職が難しくなるからです

あなたは警察官になったあと、確実に定年まで続けられると思いますか?

今あなたは警察官を一生やっていく、と心に決めているかもしれません。

でも、人生何があるかわかりません。

今あなたが定年までやると思っていたとしても、必ずそうなるとは限りません

 

何かの理由で警察官を辞めることもあるかもしれません。

壮絶なブラック勤務やパワハラに耐えられなくなるかもしれません

警察のブラック勤務やパワハラは今あなたが想像している以上のものです。

これまで学生しかしてきていないあなたには、経験したことのないものです。

自分は耐えられる、と思ってもあなたの想像以上の過酷な勤務やパワハラが待っています。

どれほど過酷なのか、実例を知りたい人はこちらの記事→警察内のブラック勤務とパワハラの実態

 

また、ブラック勤務以外にも辞めたくる事態、辞めなくてはいけない事態になることはたくさんあります。

私のように子どもが生まれたことがきっかけで辞めたくなるかもしれない

病気や怪我で続けるのが難しくなるかもしれない

不祥事を起こしてしまうかもしれない

 

何があるかわかりません。

確実に警察官を定年まで続けられる保証のある人などいないのです

ただ確実に言えることは、途中で辞める可能性は誰にでもある、ということだけです。

 

自分は一生警察官をやっていくんだ、と今思っているあなたには中々ピンとこないかもしれません

 

でも、これだけは事実なので伝えておきます

あなたと同じ思いで警察官になった人たちの中に、途中で辞めていく人たちがたくさんいます

私もそうです

私のツイッターのフォロワーさんの中だけでさえ何人もいます。

あなたは絶対にそうならないとは限りません。

だからまずは冷静に受け入れることです。もしかしたら自分も途中で辞めるかもしれない、ということを。

そして、その時のことを考えておくべきなのです。

 

警察官を辞めて転職する際、別の仕事の経験があるかないかは大きな差になる

もし警察官を辞めて別の仕事を探すことになった場合、

・他の仕事の経験がある人と、

・警察官の仕事しか経験がない人

どちらが新しい仕事を見つけやすいでしょうか

その経験は大きな差になります

他の仕事の経験や資格などを持っていれば、転職の際にかなり大きなアドバンテージになります

逆に学校を卒業して警察官の経験しかない、という人は選べる仕事の範囲も限られてきます。

だから、1年でも2年でもいいから別の仕事を経験してから警察官になった方がいいのです。

その1〜2年が、あなたの人生のリスクを大きく減らしてくれます

 

面接で正直に言わないこと

警察官になるまえに別の仕事をしていると面接試験で聞かれる可能性は高いです

「なぜ今の仕事を辞めて警察官になりたいのですか?」

「なぜ学生卒業時に警察官になろうとしなかったのですか?」

私も前職があったので聞かれました、

この時に正直に言ってはダメですよ

「いつか警察官を辞めるかもしれないので、その時のために一度別の仕事を経験しておこうと思いました」

なんて

 

自分の人生を守れるのは自分だけ

警察官になる前から辞めることを考えるなんて・・、と若いあなたは抵抗があるかもしれません。

でも、本当に何があるかわかりません

警察官を途中で辞める人はたくさんいます

その時、警察組織はあなたのその後の人生や、その後の仕事のことを面倒などみてくれません。

それに面倒みてもらうような人になってはいけません。

自分の人生は自分で守らなければいけません。

そのためには、別の仕事を経験してから警察官になるべきなのです。

 

それに、その別の仕事の経験が警察官になってから生きることもあります。

こちらの記事→警察官になりたい人は、大学の学部で法学部はもっとも選んではいけない←で詳しく述べましたが、警察官という仕事は、実にいろんな経験やスキルが役に立つ仕事です。何しろパチンコにハマったという経験さえ仕事に生きることがあるくらいですから。

他の警察官たちが持っていない経験は、とても貴重なものとしてあなたの強みになります

 

焦らなくても大丈夫です

別の仕事を経験してたら面接で印象が悪くなるのではないか、と心配してるとしたら、まったくそんなことありません。

私も大学卒業後、数年間別の仕事をしてから警察官になりました

警察学校に入ってみたら、周りの同期生たちも新卒ストレートの人の方が少数でした

 

人生長いです。

何があるかわかりません

たった数年の経験で大きなリスクを減らせるのです。

過酷なブラック勤務やパワハラ、危険な仕事も多い警察官だからこそ、考えておかなくてはならないのです。

 

ではまた。

他にも警察官になりたい人のための記事一覧はこちら↓

→警察官になりたい人のための記事一覧←

コメントを残す